ベンケイ藤倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベンケイ藤倉(べんけい ふじくら、本名:藤倉 勉(ふじくら つとむ)、1947年8月24日 - 1998年7月)は、千葉県出身の元プロボクサー。元日本ミドル級チャンピオン。左右フック、アッパーの連打を得意とするファイターで、武蔵坊弁慶に扮してリングに登場するスタイルで人気を博した。映画に出演したこともある。ヤジマジム所属。 TV「太陽のあいつ」第2話では劇中のテレビの企画でガイラ[中島春雄]と対決するシーンで本人役で登場した。

来歴[編集]

1964年デビュー。新人王獲りには失敗したが連勝を続け、1967年5月25日溝口宗男の持つ日本ジュニアミドル級王座に挑戦したが、初回KO負けを喫す。

1968年11月、東洋ジュニアミドル級王者李アンサノに挑戦するが判定負け。同年12月25日江藤義昭を破って遂に日本ミドル級王者となるが、1年後の1969年11月23日に行われた再戦では江藤の右ストレートを痛打され9回KO負け、王座を奪回された。

1970年3月26日カシアス内藤のミドル級タイトルを狙ったが、上り調子の内藤に4回KO負け、この試合を最後に引退した。

1998年7月、心不全により死去。

通算戦績[編集]

43戦29勝(13KO)11敗3引分け

関連項目[編集]