ベンガル飢饉 (1943年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベンガル飢饉で餓死した少年

1943年のベンガル飢饉(1943ねんのベンガルききん、: Bengal famine of 1943)は、第二次世界大戦中の1943年から1944年にかけて、イギリス領インド帝国ベンガル地方において発生した大飢饉である。

概要[編集]

この大飢饉により、およそ300万人が死亡した。この飢饉は、インドにおける暗黒の歴史となった[1]。なおこの飢饉の原因は、干ばつや猛暑などではなく、ウィンストン・チャーチル元英首相の政策による影響が大きかったためとされている[2]。チャーチルが、インド人に対し人種的嫌悪感を抱いていたため、飢饉にあえぐインドに援助をせず、多数の人々が餓死したとされている。いわば、人為的に発生した飢饉といえる[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ チャーチルのインド人嫌悪、歴史的飢饉の原因に 印新刊が告発” (日本語). www.afpbb.com. AFP. 2022年7月12日閲覧。
  2. ^ 1943年のベンガル飢饉の原因はチャーチル元英首相の政策の影響”. 2021年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月12日閲覧。
  3. ^ 明治学院大学文学部芸術学科 長谷川ゼミ”. www1.meijigakuin.ac.jp. 2022年7月12日閲覧。

関連項目[編集]