ベローシファカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベローシファカ
ベローシファカ
ベローシファカ Propithecus verreauxi
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgIUCNレッドリスト2016年版
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: インドリ科 Indridae
: シファカ属 Propithecus
: ベローシファカ P. verreauxi
学名
Propithecus verreauxi
Grandidier, 1867
和名
ベローシファカ
英名
Verreaux's sifaka
Propithecus verreauxi range map.svg
ベローシファカの生息域

ベローシファカPropithecus verreauxi)は、インドリ科シファカ属英語版に分類される霊長類

分布[編集]

マダガスカル固有種

形態[編集]

地面を飛び跳ねるように移動するベローシファカ

体長39-50cm。尾長47.5-60cm。体重3-4.5kg。全身は白い体毛で被われる。頭頂部から頸部背面にかけて暗褐色や黒い体毛で被われる。

前肢は短いのに対し、後肢は長く発達している。そのため地上では四肢を使って歩行することができない。

生態[編集]

水辺にある落葉広葉樹林に生息する。樹上棲。2-12頭の複数の雌雄が含まれる小規模な群れを形成し生活する。昼行性。樹間を跳躍して移動し、10mの距離を跳躍する事もできる。しかし近くに飛び移る木がない場合は、前肢と尾でバランスを取り横方向に跳ねるように地表を移動することもある。

食性は植物食で、植物の果実などを食べる。地表に降りて水を飲む事は無く、植物や朝露を嘗めることで水分を摂取する。

繁殖形態は胎生。1-2月に交尾し、妊娠期間は155-165日。6-7月に1回に1頭の幼獣を産む。生後3-5年で性成熟する。

保全状況評価[編集]

レッドリストにおける評価では1990年は危急(V)、1996年-2008年は危急(危急種、VU)だったが、2016年の評価では1段階悪化して危機(絶滅危惧種、EN)になっている[1]ワシントン条約ではインドリ属シファカ属英語版アバヒ属英語版の3属を含むインドリ科全体が附属書I (2017年改訂)に掲載されている[2]。なお、附属書Iに掲載された種は商業取引が原則として禁止される[3]

人間との関わり[編集]

生息地では精霊の宿る動物として崇められていた。

開発や採掘による生息地の破壊などにより生息数は減少している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Propithecus verreauxi (Verreaux's Sifaka)” (英語). The IUCN Red List of Threatened Species 2016-3. 国際自然保護連合(IUCN) (2016年3月). 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ CITES Appendices” [ワシントン条約附属書I] (英語). CITES (2017年1月2日). 2017年3月29日閲覧。
  3. ^ ワシントン条約”. 外務省 (2016年10月20日). 2017年3月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、27、231頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、30-31、159-160頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館、2002年、131頁。

関連項目[編集]