ベレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bellême

Blason de Bellême.svg

Bellême vu du ciel.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノルマンディー地域圏Blason region fr Normandie.svg
(département) オルヌ県Blason département fr Orne.svg
(arrondissement) モルターニュ=オー=ペルシュ郡
小郡 (canton) セトン小郡
INSEEコード 61038
郵便番号 61130
市長任期 オリヴィエ・ヴォワザン
2018年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Collines du Perche Normand
人口動態
人口 1515人
2016年
人口密度 886人/km2
住民の呼称 Bellêmois
地理
座標 北緯48度22分35秒 東経0度33分38秒 / 北緯48.376389度 東経0.560556度 / 48.376389; 0.560556座標: 北緯48度22分35秒 東経0度33分38秒 / 北緯48.376389度 東経0.560556度 / 48.376389; 0.560556
標高 平均:m
最低:162 m
最高:230 m
面積 1.71km2
Bellêmeの位置(フランス内)
Bellême
Bellême
テンプレートを表示

ベレームBellême)は、フランスノルマンディー地域圏オルヌ県コミューン

地理[編集]

ペルシュ地域圏自然公園の中心にあり、ペルシュ地方を見下ろす丘の上にある。

由来[編集]

土地の名は10世紀にBelismoとつづられていたことが証明されている[1]ガリアの女神ベリサマに由来する[2]

歴史[編集]

『閉鎖都市』の通り

ベレームは、10世紀から1113年まで、ベレーム領主の本拠地だった。イングランド王およびノルマンディー公ヘンリー碩学王は、1114年に占領、1228年にはルイ聖王が、1413年にはブルゴーニュ派が、1424年にイングランド軍が、1449年にはアランソン公ジャン2世が占領している。この地で最も重要なエピソードの一つは、摂政ブランシュ・ド・カスティーユによるベレーム占領である。これはブルターニュ公ピエール・モークレールからだまし取るためであった[3]

17世紀、2人のベレーム住民がヌーベルフランスへ移住した。彼らはカナダにおけるペルシュ人の偉業に貢献した。マルゴンティエの御仁フランソワ・プヴレは子孫なく1657年に死没、彼の弟でメニュの御仁ジャン・バティスト・プヴレは1697年にケベックで死没、ケベックにおけるプヴレ姓の先祖である[4]

1784年まで、ベレームではパリブルターニュ間の王道が交差していた。パリからドルー、シャトーヌフ・アン・ティメレ、レマラール、ベレーム、イジェ、ボネターブル、ル・マンアンジェ、最後にナントに到達した。この時代以降、王道は迂回し、ノジャン=ル=ロトルー、ラ・フェルテ=ベルナール、ル・マンを通るようになった。1789年4月、ノジャン=ル=ロトルーと協力し、ペルシュ伯領内の身分制議会において召集されたベレームはモルターニュ=オー=ペルシュに勝つことに成功した。フランス革命時代のベレームは郡の中心であった。

ベレームでは、特に17世紀と18世紀に織物産業が栄えた。他に特筆すべきものは、石鹸製造である[5]

人口統計[編集]

2016年時点のコミューンの人口は1515人で、2011年当時の人口より3.93%減少した[6]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2016年
1844 1742 1843 1849 1788 1774 1602 1515

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[7]、2006年以降INSEE[8][9]

史跡[編集]

  • サン・ソヴール教会 - 15世紀から16世紀
  • 司祭館
  • サン・サンタン礼拝堂付属納骨堂 - 10世紀
  • ベレームの閉鎖都市 - 15世紀に建てられたサン・ソヴール門は1937年に歴史的記念物に登録された[10]。古い城の堀は、水生動物のいくつかの種を受け入れている。市街で塩を保管する塩蔵であったため、サン・ソヴール門は劣化してきている。塩分が石に侵食し、建物が破壊に脅かされている[11]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cahiers Léopold Delisle - Volumes 27 à 28 - Page 52.
  2. ^ La Religion dans la toponymie, Sylvie Lejeune. expert auprès de la Commission de toponymie de l'IGN, secrétaire de la commission nationale de toponymie, page 1, paragraphe 1, ligne 6 lire en ligne.
  3. ^ Stéphane Bern - Le village préféré des français, La France et ses villages, page 76, ISBN 978-2-226-25929-5.
  4. ^ "Les Peuvret, deux frères émigrants originaires de Bellême, paroisse Saint-Pierre". perche-canada.net. 2016年4月14日閲覧
  5. ^ Stéphane Bern - Le village préféré des français, La France et ses villages, page 78, ISBN 978-2-226-25929-5.
  6. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2019, millésimée 2016, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2018, date de référence statistique : 1er janvier 2016.
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=3459
  8. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-61038
  9. ^ http://www.insee.fr
  10. ^ http://www2.culture.gouv.fr/public/mistral/merimee_fr?ACTION=CHERCHER&FIELD_1=REF&VALUE_1=PA00110744
  11. ^ "L'emblème de la ville est menacé", mis en ligne par Amine El-Hasnaouy sur www.le-perche.fr, le 8 janvier 2014, consulté le 12 janvier 2014.