ベレッタM8000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベレッタM8000
ベレッタM8000
M8000(クーガーD)
概要
種類 半自動拳銃
製造国 イタリアの旗 イタリア
設計・製造 ベレッタ
性能
口径 9mm
.357(約9mm)
.40(約10mm)
.45(約11.43mm)
銃身長 92mm
使用弾薬 M8000:9x19mmパラベラム弾
M8357:.357SIG弾
M8040:.40S&W弾
M8045:.45ACP弾
装弾数 M8000:15発(9mm口径モデル)
M8357:11発(.357口径モデル)
M8040:11発(.40口径モデル)
M8045:8発(.45口径モデル)
作動方式 ロテイティングバレル式ショートリコイル
全長 180mm
重量 925g
テンプレートを表示

ベレッタ M8000(Beretta 8000)は、イタリアベレッタ社が1995年CADを用いて設計・開発した自動拳銃、およびその派生型を含めたシリーズである。通称「クーガー」シリーズ。

概要[編集]

M8000以前のベレッタ社製品は、同社初の自動拳銃であるM1915から92シリーズに見られるように、従来はスライドの上部を大きく切り開いてバレルが露出しているのが一種のトレードマークであった。しかし、やはり強度の観点では問題があり、耐久性を増すための肉厚スライドを装着したモデル「ブリガディア」を発売したが、それでも限界があった。

そこで開発されたのが、閉鎖方式を従来のプロップ・アップ式からローティング・バレル式としたM8000である。その結果として耐久性は増し、92FSでは実現できなかった.45ACP弾モデルと.357SIG弾モデルをバリエーションに加えることに成功した。NATO軍のテストでは30,000発の発射に耐えたという。また、ローティング・バレルにより反動が軽減された他、92ではほぼ不可能だった銃本体のコンパクト化も可能となった。この方式は、同社の最新モデルPx4にも生かされている。

なお、現行のラインナップは92シリーズおよびPxシリーズとなっており、M8000シリーズの製造および販売は終了している。

バリエーション[編集]

9x19mmパラベラム弾を使用するM8000をベースモデルとして、M8357(.357SIG弾)・M8040(.40S&W弾)・M8045(.45ACP弾)など口径によりそれぞれ固有のモデルナンバーが与えられている。

機能および形状による分類は以下の通り。

  • クーガーF - ダブルアクションおよびシングルアクション。デコッキングレバーを兼ねたマニュアルセーフティーレバーを装備。
  • クーガーD - ダブルアクションのみ。
  • クーガーG - デコッキングレバーを装備。
  • クーガーL - 「クーガーF」の軽量バージョン。ショートグリップ化された他、軽量化スライドを装備。
  • クーガーL typeP - 「クーガーF」の軽量バージョン。軽量化スライドを装備し、グリップは標準タイプ。

上記の仕様の他、ステンレスモデルの「Inox」が存在する(Inoxは、イタリア語でステンレスの意)。

登場作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

CSI:マイアミ
主人公、ホレイショ・ケインがシーズン1-2で使用。
首領への道
第8話「島田組対金沢組4」で金沢慎市の愛銃として登場。後に井波慎二の手に渡り、第20話「島田組内部抗争」で登場する。

漫画・アニメ[編集]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
第17話「未完成ラブロマンスの真相 ANGELS` SHARE」にて、強盗の1人が使用。
ヨルムンガンド
師匠がクーガーFを使用し、後にチナツも使用する。

ゲーム[編集]

スプリガン・ルナヴァース
主人公、大槻達樹の愛用銃として登場。
バイオハザード ガンサバイバー
アーク・トンプソンが使用。