ベレッタM1918

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Moschetto Automatico Beretta Mod.1918
Beretta-model-1918-submachine-gun.jpg
種類 短機関銃
原開発国 イタリア王国の旗 イタリア王国
開発史
開発者 Tullio Marengoni
製造業者 ベレッタ
派生型 Model 1918
Model 1918/30
諸元
重量 3.3 kg
全長 1,092 mm
銃身 305 mm

弾丸 9mmグリセンティ弾
口径 9mm
作動方式 ブローバック(フルオートのみ)
発射速度 900発/分
装填方式 25発着脱式箱型弾倉

ベレッタM1918(Beretta M1918)は、イタリアで開発された短機関銃である。制式名称はMoschetto Automatico Beretta Mod.1918(ベレッタ1918年式自動小銃)。

概要[編集]

M1918は、ベレッタ社のトゥリオ・マレンゴーニイタリア語版技師によって考案された。基本的な設計はM1915機関銃を単装とした上でM91TSカービンの銃床を取り付けたもので、折畳式スパイク型銃剣を取り付けることができた。排莢口は弾倉の下側にあり、射手が誤って握らないように突出している。トリガーメカニズムは改修され、小銃と同様の引き金が設けられた。そのほか、レシーバなどの主要部分はM1915とほとんど同型だった。

当初はフルオート射撃のみ可能だったが、後にセレクタレバーやデュアルトリガーを組み込んでセレクティブ・ファイア機能を追加したモデルも設計された。

1930年には警察向けのモデルとしてM18/30イタリア語版が設計されている。これはセミオート射撃専用のカービン銃で、弾倉の装填口が下部に移され、ボルトセーフティなどが追加されていた。

歴史[編集]

航空機関銃として設計されたM1915機関銃は威力不足のため地上戦用装備に転用された。それでも拳銃弾を使用することに由来する射程や威力、装弾数の不足、その他の航空機関銃としての特徴が仇となり、通常の軽機関銃としての運用は失敗に終わった。一方、山岳地帯で戦う山岳歩兵(アルピーニ)では軽量さが評価されたほか、ハーネスや土台を取り付けて突撃射撃(Marching fire)に用いるという運用方法が考案され、その後も効果的な運用方法の模索が続けられていた[1]。やがて、トゥリオ・マレンゴーニイタリア語版技師はM1915を単装化して小銃様式の銃床を取り付け、トリガーメカニズムを改修して肩撃ち銃とするアイデアを考案した。

また、ベレッタM1918の生産開始直後、オフィチーネ・ビラール・ペロサ社(Officine Villar Perosa, OVP)でも類似の短機関銃の生産が始まった(OVP短機関銃イタリア語版)。ただし、OVP M1918はベレッタM1918ほど大量には製造されなかった[2]

1918年後半になってからアルディーティ部隊イタリア語版(伊軍の突撃歩兵)向けに採用され、スペイン内戦第二次エチオピア戦争などで使用された。第二次世界大戦の勃発後も1941年頃まで使用されていたが、以後はベレッタM1938Aに更新されていった。M18/30はアルゼンチンの民兵や警察が購入・運用した。

総生産数は全てのモデルを合わせて4,000丁から5,000丁程度と言われている。また、ベレッタM1918およびOVP M1918の製造のためにM1915の大部分が解体された。配備が始まった正確な時期については議論があるが、一説にはドイツ帝国軍におけるMP18の配備より数週間早かったとも言われている[3]

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Villar Perosa”. Forgotten Weapons. 2017年1月8日閲覧。
  2. ^ GUN, SUBMACHINE - ITALIAN SUBMACHINE GUN MODEL 1915 O.V.P. 9MM SN# 254”. Springfield Armory Museum. 2017年1月6日閲覧。
  3. ^ Beretta M1918 SMG Photos”. Forgotten Weapons. 2017年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]