ベレスチエ公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ベレスチエ公ロシア語: князь берестейскийベラルーシ語: князь берасцейскі)は、中世ルーシの公国の1つのベレスチエ公国の君主の称号である(「公」はクニャージからの訳出による)。公・公国の名は、その中心都市だったベレスチエ(現ブレスト)による。

ベレスチエ公の一覧[編集]

以降のベレスチエ

1179年、1182年にポーランド大公カジミェシュ2世が、1210年にマソフシェ公コンラトクラクフ公レシェクが、一時的にベレスチエを占領している。その後ガーリチ・ヴォルィーニ公国リトアニア大公国などを含めた係争地となり、最終的には1413年にリトアニア大公国のTrakų vaivadija (ロシア語転写:トラカイ・ヴォエヴォトストヴォ(ru))となった。

出典[編集]

  1. ^ Шафров Г.М. Генеалогические таблицы по истории европейских государств. Издание 6 исправленное и дополненное (441 таблица) - Москва-Екатеринбург-Ташкент, 2013 - с.1007
  2. ^ a b Л.Войтович 3.5. ІЗЯСЛАВИЧІ. ТУРОВО-ПІНСЬКІ КНЯЗІ. ЧЕТВЕРТИНСЬКІ. СОКОЛЬСЬКІ // КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ ― Львів - 2000
  3. ^ Богуславский В. В., Бурминов В. В. Русь. Рюриковичи: Ил. ист. слов. — М.: Познават. кн. плюс, 2000. — С. 632-654. — 654 с. — ("Иллюстрированные словари").

参考文献[編集]