ベルンハルト1世 (ザクセン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルンハルト1世
Bernhard I.
BernhardISachsen.jpg
在位 973年–1011年
先代 ヘルマン・ビルング
次代 ベルンハルト2世
配偶者 ヒルデガルト・フォン・シュターデ
称号 ザクセン公
父親 ヘルマン・ビルング
母親 オダ
出生 950年ごろ
死亡 1011年2月9日(1011-02-09)
コルヴァイ
埋葬 聖ミヒャエル教会, リューネブルク
テンプレートを表示

ベルンハルト1世ドイツ語: Bernhard I. c. 950年 – 1011年2月9日)は、ビルング家ザクセン公(在位: 973年 - 1101年)。ヘルマンとオダの息子で、父の築いた勢力をさらに大きく拡大した。

生涯[編集]

父ヘルマン・ビルングは皇帝オットー1世からザクセンを任された人物であったが、ザクセン公の称号を用いたのはベルンハルト1世が最初である。ベルンハルト1世は974年、983年、994年の3度にわたり、ザクセンに侵攻してきたデーン人と戦った。983年、神聖ローマ皇帝オットー2世の死後に後継者争いが勃発すると、ベルンハルト1世はオットー3世を支持してバイエルン公ハインリヒ2世に対抗した[1]。986年、彼は争いに勝利したオットー3世からマルシャル(厩役)の地位を与えられ[2]、991年と995年のオットー3世の対スラヴ遠征にも同行した。ベルンハルト1世の権力はドイツ王に匹敵するほどになった。父ヘルマンが、ザクセン人に向けたドイツ王側の代表だったのに対して、彼はドイツ王に向けたザクセン人の代表となっていた[3]。ベルンハルト1世は1011年に没し、リューネブルクの聖ミヒャエル教会に葬られた[4]。 .

家族[編集]

990年、シュターデ拍ハインリヒ1世禿頭伯(976年没)の娘ヒルデガルト(1011年没)と結婚した[5]。二人の間には少なくとも5人の子があった。

また以下もベルンハルト1世の子であったとされる。

脚注[編集]

  1. ^ 三佐川, p.45.
  2. ^ 三佐川, pp.53-54.
  3. ^ we.archive.org Bernhard I. (Benno), Herzog von Sachsen aus der Familie der BILLUNGER
  4. ^ Freytag. “Bernhard I. (Benno) In: Neue Deutsche Biographie (NDB)”. Deutsche Biographie. Duncker & Humblot. 2017年10月26日閲覧。
  5. ^ Dieter Riemer: Neue Überlegungen zu Hitda. cap. Herzogin Hildegard von Sachsen. in: Klaus Gereon Beuckers (Hrsg.): Äbtissin Hitda und der Hitda-Codex (Universitäts- und Landesbibliothek Darmstadt, Hs. 1640). Forschungen zu einem Hauptwerk der ottonischen Kölner Buchmalerei. Darmstadt 2013. ISBN 978-3-534-25379-1. S. 33–55 [S. 52–54]. hält Hildegard für ein Mitglied der Sippe des Markgrafen Gero

参考文献[編集]

  • 三佐川亮宏『紀元千年の皇帝―オットー3世とその時代』刀水書房、2018年。ISBN 978-4-88708-437-7