ベルンハルト・ヘトガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルンハルト・ヘトガー
Bernhard Hoetger
Nicola Perscheid - Berhard Hoetger um 1924.jpg
生誕1874年5月4日
ドルトムント
死没 (1949-07-18) 1949年7月18日(75歳没)
インターラーケン

ベルンハルト・ヘトガーBernhard Hoetger1874年5月4日 - 1949年7月18日)はドイツ彫刻家

略歴[編集]

ドルトムントの鍛冶屋の息子に生まれた。1888年から1892年の間、デトモルトで彫刻を学んだ後、レーダ=ヴィーデンブリュックに工房を開いた。デュッセルドルフ美術アカデミーで短期間学んだ後、パリにでて、オーギュスト・ロダンから影響を受け、表現主義の画家、パウラ・モーダーゾーン=ベッカーと知り合った。1911年にダルムシュタットの芸術家村に移り、1914年からモーダーゾーン=ベッカーらが活動したヴォルプスヴェーデの芸術家村に移った。ヴォルプスヴェーデでブレーメンの実業家のルートヴィヒ・ロゼリウスと知り合い、ブレーメンのベトヒャー(Böttcher)通りを飾る彫刻などを制作した。ロゼリウスと同じようにナチスの思想に共感し、一時は党員となるが、1936年にヘトガーの作品は「退廃芸術」に指定された。1943年に党を脱退し、スイスに移り、1949年にインターラーケンで没した。

作品[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]