ベルベリキア (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルベリキア
776 Berbericia
仮符号・別名 1914 TY
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1914年1月24日
発見者 A. マシンガー
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 2.934 AU
近日点距離 (q) 2.460 AU
遠日点距離 (Q) 3.408 AU
離心率 (e) 0.161
公転周期 (P) 5.03
軌道傾斜角 (i) 18.25 度
近日点引数 (ω) 306.98 度
昇交点黄経 (Ω) 79.87 度
平均近点角 (M) 85.62 度
物理的性質
直径 151.17 km
自転周期 7.668 時間
スペクトル分類 C / Cgh
絶対等級 (H) 7.68
アルベド(反射能) 0.0655
色指数 (B-V) 0.724
色指数 (U-B) 0.390
Template (ノート 解説) ■Project

ベルベリキア (776 Berbericia) は小惑星帯の小惑星である。ハイデルベルクケーニッヒシュトゥール天文台で、ドイツの天文学者アダム・マシンガーが発見した。

ドイツの天文学者アドルフ・ベルベリッヒに因んで命名された[1]

1990年代後半、世界中の天文学者が光度曲線のデータを持ち寄って、新しい10個の小惑星のスピン状態や形を解析したが、その中にはベルベリキアも含まれていた[2][3]

2009年4月に関東地方で掩蔽が観測された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Schmadel Lutz D. Dictionary of Minor Planet Names (fifth edition), Springer, 2003. ISBN 3540002383.
  2. ^ Durech., J.; Kaasalainen, M., Marciniak, A.; et al., “Physical models of ten asteroids from an observers' collaboration network,” Astronomy and Astrophysics , Volume 465, Issue 1, April I 2007, pp. 331-337
  3. ^ Durech, J.; Kaasalainen, M.; Marciniak, A.; Allen, W. H. et al. “Asteroid brightness and geometry,” Astronomy and Astrophysics, Volume 465, Issue 1, April I 2007, pp. 331-337.


前の小惑星:
リュミエール (小惑星)
小惑星
ベルベリキア (小惑星)
次の小惑星:
グーテンベルガ (小惑星)