ベルナール・マクファデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミケランジェロダビデ像のポーズをとるマクファデン(1905年)

ベルナール・アドルファス・マクファデン: Bernarr Macfadden1868年8月16日 - 1955年10月12日)は、ボディビルと栄養学的健康理論を組み合わせた肉体鍛錬を提唱した人物である。また、長く続くことになった雑誌出版社 Macfadden Publications を創設した。

伝記[編集]

バーナード・アドルファス・マクファデン(Bernard Adolphus McFadden)として生まれたが、より強そうに見えるように自分の名前を変えている[1]。マクファデンは1899年、Physical Culture 誌を創刊し、後に True Story誌、True Romances誌、映画雑誌の Photoplay誌、三流タブロイド紙の The New York Graphic なども手がけ、出版帝国を築いた。マクファデンは当時の(いわゆる)セレブであり、知人にはシャーリー・テンプルクラーク・ゲーブルフランクリン・ルーズベルトウィル・ロジャースルドルフ・ヴァレンティノらがいた。最も羽振りのよい時期には、ホテルをいくつかとニューヨークの大きなビルを1つ所有していた。

マクファデンは様々な記事や本を執筆している。主な著書に Superb Virility of Manhood(1904年)、MacFadden's Encyclopedia of Physical Culture(1911年–1912年)、Fasting for Health(1923年)、The Milk Diet(1923年)がある。

マクファデンは、肉体鍛錬に基づいた “cosmotarianism”という宗教を興そうとしたが失敗した。彼は、彼の提唱する方法を実践することで150歳まで生きられると主張した。

タイム誌が彼を “Body Love Macfadden”と名づけたことからもわかるように、彼は世界中の何百万という人々に健康的で精力旺盛に生きることを説いた有名人であった。多くの人は彼を「変人」あるいは「ぺてん師」と見なした。わいせつ罪で逮捕されたこともあり、医学界からも非難されていた。彼は生涯を通して精力的に、薬に依存することや加工食品や上品ぶることに対して反対するキャンペーンを展開した。

マクファデンの雑誌の1つに Sport magazine がある。これはタイム社のスポーツ・イラストレイテッド誌が登場する以前は最も人気のあるスポーツ雑誌であった。

マクファデンは4回結婚し、8人の子をもうけ、そのうち7人の名前の頭文字が 'B' になるよう名づけた。

彼は尿路感染が元で亡くなった。

マクファデンは西部から中西部の各州に多数の“healthatoriums”(訳注: health + sanatorium の造語か?)を設立した。それら施設では“The Physical Culture Training School”のような教育プログラムが実施された。彼は肉体鍛錬とフィットネスについては名声を得たが、性に関する見方についてはそれ以上の悪名を得た。彼は性交を単なる出産に至る前段階としてだけでなく、健康的活動の1つと見ていた。これは当時のキリスト教社会では特異な態度であった。当時の健康に関する権威として Sylvester Graham とジョン・ハーヴェイ・ケロッグが挙げられるが、彼らは禁欲を勧めていた。

マクファデンは、それまで神経性無食欲症の症状としか見られていなかった断食を健康法として一般化させた[2]。彼は、断食が肉体的健康を獲得する最も確実な方法の1つであると確信していた。彼のところに行った患者の多くは、体を若返らせるためと称して一週間の断食をさせられた。

マクファデンは断食の効果を示すために、断食前後の自身の写真を撮らせた。例えばある写真には、7日間の断食の直後に100ポンドのダンベルを持ち上げている(とされる)マクファデンが写されている。彼はまた、文明的に進んでいる白人だけが断食できるとして人種的偏見にも訴えた。マクファデンは断食の難しさを認め、苦行としてそれを行うことは勧めなかったが、そのコストよりも得られるものが大きいと信じていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Macfadden, Mary and Emile Gauvreau. Dumbbells and Carrot Strips: the Story of Bernarr Macfadden. New York: Holt, 1953.
  2. ^ a b Griffith, Ruth Marie; “Apostles of Abstinence: Fasting and Masculinity in the Progressive Era”, American Quarterly, vol. 52, no. 4 (December 2000), pp. 599-638.

外部リンク[編集]