ベルトラムカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bertramka Mozart Museum.JPG

ベルトラムカ(Bertramka)は、チェコプラハにある邸宅で、現在博物館となっている建物である。この建物が名を知られ保存されているのはモーツァルトが滞在していた歴史があるためである。

概要[編集]

ベルトラムカはプラハに居住する貴族の別荘として、当時の城壁の外側、郊外に建てられた邸宅である。双翼の館に農園が付随したもので、近世の豊かな貴族や商人はこのような別荘を持っていることが多かった。ベルトラムカという名はかつての所有者ベルトラムスカーに由来するという。

モーツァルト[編集]

館の所有者であるフランティシェク・クサヴェル・デュシェックヨーゼファ・ドゥシュコヴァーの夫婦はともに音楽家で、この別荘に仲間の音楽家を招くのが常であったが、ドン・ジョヴァンニ制作のためにプラハにやってきたモーツァルトをここに招いて制作に専念させた。プラハの街中の宿で期限の迫った作品制作に苦しんでいたモーツァルトにとってこれはありがたいことだった。

レオポルト2世ベーメン王即位に際しても、モーツァルトはここに滞在して皇帝ティートの慈悲を制作したと考えられている。またヨーゼファのためにアリアを複数制作している。

チェコの人々はオーストリアの人々に負けず劣らずモーツァルトを自分たちに深い関係のある偉人と考えており、この館もモーツァルト生誕200周年を記念して博物館となった。

現在[編集]

フランティシェク・クサヴェル・デュシェックゆかりの施設として公開されているが、2009年11月1日をもってモーツァルト関係の展示はなくなった。

外部リンク[編集]