ベルシャザールの饗宴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルシャザルの饗宴ジョン・マーティン、1820年
レンブラントベルシャザルの饗宴(en)

ベルシャザールの饗宴』( - きょうえん、英語:Belshazzar's feast)とは、旧約聖書の一書『ダニエル書』の5章「壁に字をかく指」のエピソード、数々の芸術作品のモチーフとなっている。

物語の概要[編集]

新バビロニアナボニドゥスの子ベルシャザルは、エルサレム神殿ソロモン神殿)を破壊し略奪してきた金銀の器を使用して、豪勢な酒宴を開いていたところ、突然人間の手があらわれ壁に謎の文字を書き残した。この文字は、多くの賢者が挑戦したが読み解けず、ダニエルが読み解いた。

その文字は「メネ、メネ、テケル、ウパルシン(מנא מנא תקל ופרסין‬ 英語:MENE, MENE, TEKEL, UPHARSIN)」であり、メネは「神があなたの治世を数えて、これをその終りに至らせた」、テケルは「あなたがはかりで量られて、その量の足りないことがあらわれたこと」、ペレスは「あなたの国が分かたれて、メデアとペルシャの人々に与えられること」と教えた。その夜、ベルシャザルは殺され、ダリヨスが王となった。

モチーフとする作品[編集]

関連項目[編集]