ベルシャザール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベルシャザール
The Japan Cup Dirt 2013 IMG 1924 20131201.JPG
第14回ジャパンカップダート ゴール前(緑帽)
欧字表記 Belshazzar
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 2008年4月25日(10歳)
抹消日 2014年5月29日
キングカメハメハ
マルカキャンディ
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 社台レースホース
調教師 松田国英栗東
競走成績
生涯成績 (国内)17戦6勝
(海外)1戦0勝
獲得賞金 3億5113万9000円
勝ち鞍 GIジャパンカップダート(2013年)
GIII武蔵野ステークス(2013年)
テンプレートを表示

ベルシャザール: Belshazzar)は日本競走馬である。馬名の由来は劇音楽『ベルシャザールの饗宴』に登場するバビロニア王の名。主な勝ち鞍は2013年ジャパンカップダート武蔵野ステークス

経歴[編集]

2歳(2010年)[編集]

10月9日の京都競馬場芝1800mの2歳新馬戦でデビュー。1番人気で勝利、デビュー戦を飾った[1]。続く10月30日の京都の萩ステークスはショウナンマイティの差し脚に屈し3着に敗れたものの、暮れの中山のホープフルステークスはナカヤマナイトとの追い比べを制し、2勝目を飾った[2]

3歳(2011年)[編集]

2月の東京共同通信杯(4着)の後、東日本大震災阪神開催となったスプリングステークスは2着となり、皐月賞へ優先出走権を獲得。しかし東京開催となった皐月賞はいいところなく11着に敗れた。東京優駿は3着に粘った[3]。秋はセントライト記念から始動、4着となったものの、菊花賞は17着に惨敗した。

4歳(2012年)[編集]

4月のダービー卿チャレンジトロフィーに出走するも15着に敗れ、その後骨折が判明し、1年以上の休養をせざるを得なかった。

5歳(2013年)[編集]

第14回ジャパンカップダート パドック

5月に骨折から復帰した後は松田国英の『(骨折した馬に)芝のスピード競馬はさせたくない』の意向もあり、ダート路線へ転向した[4]。復帰戦となった5月の京都の準オープン1990sダービーメモリーズナリタブライアンカップは3着に健闘すると、続く6月の中京の白川郷ステークスは2着に5馬身差の圧勝で約2年半ぶりの3勝目をあげてオープン入りした[5]。この後9月のラジオ日本賞は2着に惜敗するも、東京のブラジルカップは人気に応え4勝目[6]武蔵野ステークスはアドマイヤロイヤルを振り切り、重賞初制覇を果たした[4]。そしてジャパンカップダートは人気のホッコータルマエを前に見る形となり、最後の直線でホッコータルマエやエスポワールシチーを差し切り、ワンダーアキュートとの争いをクビ差制し、GI初制覇を果たした[7]。 活躍が認められ、2013年度のJRA賞最優秀ダートホースに選ばれた[8]

6歳(2014年)[編集]

1月17日ドバイワールドカップに予備登録を行った事が発表され[9]2月17日に選出・招待受諾を表明した[10]2月23日フェブラリーステークスは1番人気に推されたが出遅れが響き、3着に上がるのが精一杯だった[11]3月29日、初の海外遠征となったドバイワールドカップは4コーナーの不利もあり、11着に敗れた[12]

2014年5月、浅趾屈腱離脱のため引退し、種牡馬になることが決まった[13]

引退後[編集]

競走馬引退後は2015年より種牡馬となり、社台スタリオンステーションで繋養される。

2016年12月2日、ブリーダーズ・スタリオン・ステーションに移動した[14]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2010.10.09 京都 2歳新馬 芝1800m(重) 8 4 4 02.1(1人) 1着 1:56.0 (34.0) -0.0 安藤勝己 55kg (ウインラーニッド)
0000.10.30 京都 萩S OP 芝1800m(良) 10 7 8 02.7(1人) 3着 1:49.7 (34.5) 0.4 安藤勝己 55kg ショウナンマイティ
0000.12.26 中山 ホープフルS OP 芝2000m(良) 10 7 7 08.1(4人) 1着 2:00.4 (34.7) -0.0 C.ルメール 55kg ナカヤマナイト
2011.02.13 東京 共同通信杯 GIII 芝1800m(良) 13 8 12 03.7(2人) 4着 1:48.8 (34.3) 0.3 M.デムーロ 56kg ナカヤマナイト
0000.03.26 阪神 スプリングS GII 芝1800m(良) 18 4 7 05.5(4人) 2着 1:46.5 (34.6) 0.1 安藤勝己 56kg オルフェーヴル
0000.04.24 東京 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 6 11 07.9(3人) 11着 2:01.9 (36.3) 1.3 安藤勝己 57kg オルフェーヴル
0000.05.29 東京 東京優駿 GI 芝2400m(不) 18 4 7 18.5(8人) 3着 2:31.9 (36.7) 1.4 後藤浩輝 57kg オルフェーヴル
0000.09.18 中山 セントライト記念 GII 芝2200m(良) 17 1 1 03.8(2人) 4着 2:10.7 (34.1) 0.4 安藤勝己 56kg フェイトフルウォー
0000.10.23 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 4 8 21.9(6人) 17着 3:08.1 (40.1) 5.3 後藤浩輝 57kg オルフェーヴル
2012.04.01 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 4 7 11.4(5人) 15着 1:34.5 (34.6) 1.0 四位洋文 57kg ガルボ
2013.05.26 京都 ナリタブライアンC ダ1800m(良) 16 8 16 27.1(8人) 3着 1:51.0 (37.2) 0.2 浜中俊 57kg ヴァンヌーヴォー
0000.06.29 中京 白川郷S ダ1800m(良) 15 8 15 02.1(1人) 1着 1:50.9 (35.9) -0.8 浜中俊 57kg (スズカルーセント)
0000.09.15 中山 ラジオ日本賞 OP ダ1800m(不) 16 3 6 02.5(1人) 2着 1:50.4 (36.7) 0.4 吉田豊 55kg グラッツィア
0000.10.20 東京 ブラジルC OP ダ2100m(不) 15 1 1 02.8(1人) 1着 2:08.2 (35.6) -0.2 柴田善臣 56kg (メテオロロジスト)
0000.11.10 東京 武蔵野S GIII ダ1600m(良) 16 3 6 03.5(1人) 1着 1:35.3 (36.0) -0.1 C.ルメール 56kg (アドマイヤロイヤル)
0000.12.01 阪神 JCダート GI ダ1800m(良) 16 6 12 08.4(3人) 1着 1:50.4 (36.1) -0.0 C.ルメール 57kg ワンダーアキュート
2014.02.23 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 6 11 02.7(1人) 3着 1:36.4 (35.1) 0.4 C.デムーロ 57kg コパノリッキー
0000.03.29 メイダン ドバイWC G1 2000m(良) 16 - 2 - 11着 - - C.ルメール 57kg African Story

血統表[編集]

ベルシャザール血統ミスタープロスペクター系 / Northern Dancer 12.50% 5x5x4) (血統表の出典)
父系

キングカメハメハ
2001 鹿毛
父の父
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
父の母
*マンファス
Manfath
1991 黒鹿毛
*ラストタイクーン
Last Tycoon
*トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer

マルカキャンディ
1996 青鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding
Mountain Flower
母の母
*ジーナロマンティカ
Gina Romantica
1988 鹿毛
*セクレト
1981 鹿毛
Northern Dancer
Betty's Secret
Waya
1974 鹿毛
Faraway Son
War Path F-No.1-e
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

  1. ^ “【メイクデビュー】(京都3、5R)”. ラジオNIKKEI. (2010年10月9日). http://www.radionikkei.jp/keiba/entry-191343.html 2015年9月4日閲覧。 
  2. ^ “【ホープフルS】(中山)~凌ぎ切ってベルシャザール”. ラジオNIKKEI. (2010年12月26日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-195281.html 2015年9月4日閲覧。 
  3. ^ “【日本ダービー】(東京)~皐月賞馬のオルフェーヴルが二冠達成”. ラジオNIKKEI. (2011年5月29日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-202781.html 2015年9月4日閲覧。 
  4. ^ a b 【武蔵野S】ベルシャザール快勝!骨折休養から砂転戦で開花スポニチAnnex. (2013年11月11日) 2015年9月4日閲覧。
  5. ^ “【白川郷S】(中京)~ベルシャザールが久々の美酒”. ラジオNIKKEI. (2013年6月29日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_784.html 2015年9月4日閲覧。 
  6. ^ “【ブラジルC】(東京)~ベルシャザール 内から抜けて4勝目”. ラジオNIKKEI. (2013年10月20日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_1736.html 2015年9月4日閲覧。 
  7. ^ “【JCダート(GI)】(阪神)~ベルシャザール GI初制覇”. ラジオNIKKEI. (2013年12月1日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_2134.html 2015年9月4日閲覧。 
  8. ^ “2013年度JRA賞発表 年度代表馬はロードカナロア”. ラジオNIKKEI. (2014年1月7日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_2373.html 2015年9月4日閲覧。 
  9. ^ “ドバイワールドカップデー、日本馬は57頭が予備登録”. ラジオNIKKEI. (2014年1月17日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/57.html 2015年9月4日閲覧。 
  10. ^ “ドバイワールドカップデー、日本馬5頭が選出され招待を受諾”. ラジオNIKKEI. (2014年2月17日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/5_2.html 2015年9月4日閲覧。 
  11. ^ “【フェブラリーS(GI)】(東京)~最低人気コパノリッキーが制して大波乱に”. ラジオNIKKEI. (2014年2月23日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_2719.html 2015年9月4日閲覧。 
  12. ^ “【ドバイワールドカップ】(29日ドバイ)~地元アフリカンストーリーが勝利、日本馬2頭は敗れる”. ラジオNIKKEI. (2014年3月31日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_3039.html 2015年9月4日閲覧。 
  13. ^ ベルシャザール引退、右後肢の病気発症”. デイリースポーツ (2014年5月28日). 2014年5月28日閲覧。
  14. ^ ベルシャザールがブリーダーズ・スタリオン・ステーションに移動競走馬のふるさと案内所、2016年12月5日閲覧

出典[編集]

  • netkeiba.com

外部リンク[編集]