ベルサイユ鉄道事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルサイユ鉄道事故
脱線・出火の様子を描いた1842年のスケッチ
脱線・出火の様子を描いた1842年のスケッチ
詳細
発生日 1842年5月8日
現場 パリムードン
フランスの旗 フランス
統計
被害列車数 1本
死者 52–200人

ベルサイユ鉄道事故: Versailles rail accident)とは、1842年5月8日ベルサイユパリを結ぶ鉄道のムードン駅英語版 - ベルビュー駅英語版間の切通しで発生した鉄道事故である。ヴェルサイユ宮殿で開かれたルイ=フィリップ1世の祝賀会の後、パリ行きの列車が先頭機関車の車軸の破損により脱線し、後続の客車が次々とそれに乗り上げ火災が発生した。この事故はフランスで初の鉄道事故であり、52人~200人が死亡するという当時としては世界で死者数が最多の事故である。死者の中にはジュール・デュモン・デュルヴィルが含まれていた。この事故は乗客を客車に閉じ込めて輸送するというフランスの慣習を廃止する契機となった。

当時金属疲労はあまり知られておらず、この事故はその問題に対する系統的な研究の始まりにつながった。

事故の経過[編集]

事故後にムードンに建てられた"Notre-Dame-des-Flammes"。現在は取り壊されて現存しない

1842年5月8日(日曜日)の午後遅くまでに王のルイ=フィリップ1世に敬意を表してベルサイユ庭園英語版で開かれた公共祝賀会[1]が終了し、多くの人々がパリに戻ることを希望した。午後5時30分、列車がパリ・モンパルナス駅へ向けて左岸 (the rive gauche) [note 1]ベルサイユ駅を発車した[2]。列車長120m (390フィート)以上の列車(蒸気機関車2両+客車16~18両)には770人が乗車しており混雑していた[3]ムードン駅英語版 - ベルビュー駅英語版間を40km/h (25mph) で走行中[1]、先頭機関車の車軸のうち1本が折損し脱線、火室の中身が散乱した。もう1台の機関車と客車が脱線した機関車に乗り上げ客車が炎上した時、乗客は当時ヨーロッパ大陸で慣習であったように客車の中に閉じ込められていた[2]

火勢が非常に強かったため犠牲者を確定できず、推定死者数は52人[2]~200人[4]と様々であり、多くの人々が重症を負った[5]。死者の中には探検家ジュール・デュモン・デュルヴィルとその家族が含まれていた[2]。彼の遺体は医師・骨相学者のデュモンティエ (Dumontier) が遺体の頭蓋骨の鋳型 (casts) を作成し身元が判明した[要出典]

いくつかの宗教団体は乗客は日曜日に旅行をしたため処罰されたと主張した[6]。犠牲者を追悼して "Notre-Dame-des-Flammes" と名付けられたチャペルがムードンに建設された。これは1938年に歴史的建造物英語版としてリスト入りしたが、1959年にリストから外されその後すぐに解体された[7]

影響[編集]

これは当時世界で最悪の鉄道事故であった。この事故はフランスにおいて乗客を客車に閉じ込めて輸送するという慣習を廃止する契機となった[8]。フランス政府は事故調査のため委員会を設置した。これは耐用年数を決定できるよう車軸をテストすることおよび安全な距離を走行後に交換できるようにするために使用回数 (their usage) を記録することを推奨した[9]

当時金属疲労はあまり知られておらず、この事故はその問題に対する系統的な研究の始まりにつながった[10]。エドワーズやランキン、その他の人々による研究は疲労過程を記述しており、ランキンは鉄道の車軸への解決策を開発した[11]。その後、1856 - 1870年の間に、アウグスト・ヴェーラー英語版の研究が車軸のテストの改善の助けとなり、車軸の耐用年数を増やした[12]

脚注[編集]

補足[編集]

  1. ^ ベルサイユ - パリ間には、セーヌ川の両岸に沿って鉄道が建設された。この路線は左岸に建設された方である。

参考資料[編集]

  1. ^ a b Louis Armand (French). Histoire des chemins de fer en France. Presses Modernes. p. 42,. 
  2. ^ a b c d Charles Francis Adams (1879). Notes on Railroad Accidents. G. P. Putnam's Sons.  オンラインではcatskillarchive.comで閲覧可能。 The Versailles Accident.
  3. ^ Patrice Boussel (1972) (French). Histoire de la vie française: Les révolutions, 1789-1871. Éditions de "l'Illustration,". http://books.google.com/books?id=JbtnAAAAMAAJ 2013年10月28日閲覧。. 
  4. ^ Pierre Mercier (1993). "L'opinion publique après le déraillement de Meudon en 1842". Paris et Ile-de-France - Mémoires (tome 44) (in French) (Fédération des sociétés historiques et archéologiques de Paris et Ile-de-France). 
  5. ^ Guy Fargette (2001) (French). Emile et Isaac Pereire. Harmattan. p. 69. ISBN 978-2-7475-0737-0. http://books.google.com/books?id=5FyLXf-R6-sC&pg=PA69 2013年10月28日閲覧。. 
  6. ^ M. Fuentes; M. Elices; A. Martín-Meizoso; J.-M. Martínez-Esnaola (13 September 2000). Fracture Mechanics: Applications and Challenges: Applications and Challenges. Elsevier. pp. 174–175. ISBN 978-0-08-043699-9. http://books.google.com/books?id=SV6siFe8WT0C&pg=PA174 2012年10月26日閲覧。. 
  7. ^ Chapelle Notre Dame des Flammes” (French). patrimoine-de-france.com. 2013年10月28日閲覧。
  8. ^ Gately, Iain. Rush Hour. p. 82. ISBN 9781781854068. 
  9. ^ Sendeckyj 2006, pp. 480–481.
  10. ^ Sendeckyj 2006, p. 472.
  11. ^ Sendeckyj 2006, p. 488.
  12. ^ Sendeckyj 2006, pp. 472–473.

出典[編集]

関連書[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度49分06秒 東経2度13分52秒 / 北緯48.8183度 東経2.23111度 / 48.8183; 2.23111