ベリエ・ヘルストレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘルシンキにて(2004年10月)

ブリエ・ヘルストレムBörge Hellström1957年9月25日 - 2017年2月17日)は、スウェーデン作家ストックホルム郊外のグスタヴスベーリ (Gustavsberg) 出身。

経歴[編集]

刑事施設・更生施設の評論家。自身も犯罪者として服役した経験を持ち、犯罪の防止を目指す団体KRIS(Kriminellas Revansch I Samhället、犯罪者による社会への返礼の意)を設立する。

刑務所に関するドキュメンタリー番組制作のためにKRISを取材に訪れたアンデシュ・ルースルンドと出会い意気投合。

2004年、ルースルンドとの共著で処女作「制裁」を発表、第14回ガラスの鍵賞(最優秀北欧犯罪小説賞)を受賞した。

2017年2月17日により59歳で死去[1]

作品[編集]

ストックホルム市警のエーヴェルト・グレーンス警部とスヴェン・スンドクヴィスト警部が活躍するシリーズ。

# 邦題 原題 刊行年
スウェーデンの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗 ISBN
1 制裁 Odjuret 2004年 2007年6月 ヘレンハルメ美穂 ランダムハウス講談社文庫 ISBN 978-4-270-10107-0
2017年2月 ハヤカワ文庫 ISBN 978-4-151-82153-0
2 ボックス21 Box 21 2005年 2009年4月 ランダムハウス講談社文庫 ISBN 978-4-270-10286-2
3 死刑囚 Edward Finnigans upprättelse 2006年 2011年1月 RHブックス・プラス ISBN 978-4-270-10375-3
4 Flickan under gatan 2007年
5 三秒間の死角 Tre sekunder 2009年 2013年10月 ヘレンハルメ美穂 角川文庫 [上] ISBN 978-4-04-101073-0
[下] ISBN 978-4-04-101074-7

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Bakkejord, Miriam (2017年2月17日). “Forfatter Börge Hellström er død” (ノルウェー語). 2017年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]