ベラミ (ナイトクラブ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベラミはかつて、京都市東山区三条川端東の京阪三条駅前の三条大橋のほとりにあったナイトクラブサパークラブである。

概要[編集]

ベラミは「夜の商工会議所」と呼ばれるほど、京都の名士たちが多く集うナイトクラブであった。「関西オールスターズ」「ベラミ・オールスターズ」などのハウスバンドによる生演奏もあり、たいへん華やかな雰囲気であったと言われている。当時の超一流の有名歌手達が頻繁に公演を行ったため、ベラミで公演を行った歌手は「一流」とみなされ、歌手のステータスとなった。1978年7月11日には山口組組長田岡一雄が銃撃されたことでも知られる。1985年にママである山本千代子の死によって、営業を終えた。

「イン・ベラミ」ベラミ収録版[編集]

ベラミで行われた幾つかの公演は、レコードとして発売されている。ナイトクラブでの収録という特性上、ベラミでの収録版はコンサートやライブでの収録よりも観客との距離が近く、観客の声がはっきりと入るなど、臨場感が高いことで知られている。普段は手の届かないような全国的にも知名度が高い歌手のコンサート等では見られない、身近な姿を知ることができる。

越路吹雪
「コシジ・イン・ベラミ ナイトクラブの越路吹雪」(1967年11月16日収録、1968年発売、東芝音楽工業)
「コシジ・イン・ベラミ ナイトクラブの越路吹雪 第二集」(1970年10月16日−20日収録、1970年発売、東芝音楽工業)
奥村チヨ
「ナイト・クラブの奥村チヨ」(1970年7月16日−18日収録、1970年10月5日発売、東芝音楽工業)
「チヨ・イン・ベラミ」(1971年8月25日発売、東芝音楽工業)
フランク永井
フランク永井 at BELAMI」(1972年7月収録、1972年8月25日発売、ビクター音楽産業)
欧陽菲菲
「欧陽菲菲 イン・ベラミ」(1972年4月7日−8日収録、1972年6月5日発売、東芝音楽工業)
加山雄三
「イン・ベラミ~ナイト・クラブの加山雄三」(1970年10月27、28日収録、1971年12月20日発売、東芝音楽工業)
黒沢年男
「黒沢年男 ファースト・ライブ・イン・ベラミ」(1978年月収録、1978年7月発売、コロムビア)
平尾昌晃
「京都・ベラミ 平尾昌晃オン・ステージ」(キングレコード)

その他ライブ[編集]

坂本九
1977年12月27日「坂本九ビックショウ」
ピンクレディー
1980年12月25日「さよならコンサート」(12月28日後楽園球場が最終公演)

山口組三代目襲撃事件[編集]

1978年7月11日午後9時半ごろ、ベラミでくつろいでいた山口組の田岡一雄組長がビストルにより狙撃された。田岡の他に、無関係である数名の客が流れ弾により負傷した。犯人は山口組に敵対する松田組系「大日本正義団」組員の鳴海清であった。この事件の報復から、同年8から10月にかけて山口組が松田組系の7人を射殺するなど、抗争へと発展し、犯人である鳴海の他殺体は同年9月に六甲山中で発見された。