ベビイ・ドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベビイ・ドール
Baby Doll
Carroll Baker in Baby Doll trailer.jpg
監督 エリア・カザン
脚本 テネシー・ウィリアムズ
原作 テネシー・ウィリアムズ
製作 エリア・カザン
テネシー・ウィリアムズ
音楽 ケニヨン・ホプキンス
撮影 ボリス・カウフマン
編集 ジーン・ミルフォード
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月18日
日本の旗 1957年4月27日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ベビイ・ドール』(Baby Doll)は、1956年製作のアメリカ映画である。日本での題名は『ベビイドール』。ゴールデングローブ賞監督賞を受賞した。

概要[編集]

エリア・カザン監督が『欲望という名の電車』に続いて再びテネシー・ウィリアムズの作品『27 Wagons Full of Cotton』を映画化、ウィリアムズも脚本に参加した。ミシシッピ州を舞台に、当時タブーに近かった「幼妻ベビイドール」をめぐる愛欲を描いた問題作。

主演のキャロル・ベイカーは当時既に25歳であったが、童顔だったこともあり、10代の妻を見事に演じきっている。また、イーライ・ウォラックの映画デビュー作でもある。

内容[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]