ベビイ・ドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベビイ・ドール
Baby Doll
BabyDollPoster.jpg
ポスター(1956)
監督 エリア・カザン
脚本 テネシー・ウィリアムズ
原作 テネシー・ウィリアムズ
製作 エリア・カザン
テネシー・ウィリアムズ
音楽 ケニヨン・ホプキンス
撮影 ボリス・カウフマン
編集 ジーン・ミルフォード
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月18日
日本の旗 1957年4月27日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示
キャロル・ベイカー

ベビイ・ドール』(Baby Doll)は、1956年製作のアメリカ映画である。日本での題名は『ベビイドール』。第29回アカデミー賞では主演女優賞助演女優賞など4部門にノミネートされた。第29回ゴールデングローブ賞英語版では監督賞にノミネートされ同賞を受賞した。

概要[編集]

エリア・カザン監督が『欲望という名の電車』に続いて再びテネシー・ウィリアムズの作品『27 Wagons Full of Cotton』を映画化、ウィリアムズも脚本に参加した。ミシシッピ州を舞台に、当時タブーに近かった「幼妻ベビイドール」をめぐる愛欲を描いた問題作。

主演のキャロル・ベイカーは当時既に25歳であったが、童顔だったこともあり、10代の妻を見事に演じきっている。また、イーライ・ウォラックの映画デビュー作でもある。

日本では2006年5月12日にテネシー・ウィリアムズ フィルム・コレクション DVD-BOX内の1つとしてDVDが発売予定と告知されていたが、実際は本作の収録はなかった。以降長らくソフト化された事はなかったが、2017年12月11日に株式会社ディスク・ロードの復刻シネマライブラリーからDVDが発売された[1]

内容[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベビイドール [DVD]”. Amazon.com. 2018年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]