ベネネイア (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベネネイア
Veneneia
A False-Color Topography of Vesta's South Pole.jpg
ベスタ南半球の地形図。中央の巨大なレアシルヴィア・クレーターの下側の部分がベネネイア。
種類 クレーター
天体 ベスタ
所在地 南半球
直径 395 km
発見者 ドーン
由来 ウェスタの処女

ベネネイア (Veneneia) は、ベスタで2番目に大きいクレーターである。南緯52°に位置し、直径は395km[1]で小惑星の赤道直径の70%を覆っており、太陽系で最も大きいクレーターの1つとなっている。少なくとも20億年経過している[2]。しかし、より大きなレアシルヴィアに部分的に覆い隠されている。2011年にドーンによって発見され、ウェスタの処女の1人ベネネイアに因んで命名された[3]

ベスタは、ベネネイアと同心の北半球に一連の谷を持つ。これらは、これらは衝突に起因する大規模構造であると信じられている。最大のSaturnalia Fossaは、幅約39km、長さ約400km以上に達する[4]

出典[編集]

関連項目[編集]