ベニー・ディステファーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベニー・ディステファーノ
Benny Distefano
Benny Distefano.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨークブルックリン区
生年月日 (1962-01-23) 1962年1月23日(55歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1982年 MLB二次ドラフト2巡目
初出場 MLB / 1984年5月18日
NPB / 1990年4月7日
最終出場 MLB / 1992年8月5日
NPB / 1990年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ベニー・ディステファーノ こと ベニート・ジェームス・ディステファーノBenito James Distefano , 1962年1月23日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴[編集]

1982年1月のMLB二次ドラフト2巡目でピッツバーグ・パイレーツに指名され契約。1984年5月18日の対アトランタ・ブレーブス戦で、エイモス・オーティスに代わり左翼手として途中出場してMLBデビューを果たし、この試合でMLB初安打もマークする。以後はMLBとマイナーリーグの往復生活が続いたが、1989年には左投げながら捕手を務めたこともある。「左投げの捕手」はMLBでも非常に珍しいもので、当時話題になった。

1988年には初開催となった3Aオールスターゲーム(バッファロー)に出場している。バッファローは当時パイレーツの3Aだったため、地元のディステファーノはナショナルリーグ代表の4番打者として起用された。この試合にはグレッグ・ジェフリーズニューヨーク・メッツ)等の後のメジャーリーガーに交じって、1984年にNPB広島でプレーしたデーブ・レーシッチ、さらに後に広島でプレーするマーティ・ブラウンもナ・リーグ代表として出場していた。

1990年にNPBの中日ドラゴンズに入団。パワフルな打撃に期待が集まり、開幕戦こそ来日初打席初本塁打を打ったものの、ドアスイングかつアッパースイングのため、内角球に弱く変化球に崩されやすいという欠点がたちまち明らかとなり、深刻な不振に陥った。打率は2割そこそこで期待された本塁打もあまり出ず、力のないポップフライを量産するなど結果を残せなかった。7月2日に監督の星野から直々に二軍落ちを通告され、結局シーズン途中の8月に解雇された。中日を退団後、1991年ボルチモア・オリオールズAAA級ロチェスター・レッドウイングスでプレイした後、1992年ヒューストン・アストロズでMLB復帰。しかし同年8月に解雇され、シーズンの残りをシアトル・マリナーズAAA級のカルガリー・キャノンズで過ごした。 1993年テキサス・レンジャーズでMLB再昇格を目指したが果たせず、同年限りで引退。

2006年デトロイト・タイガース傘下ルーキーリーグガルフコーストリーグ・タイガースで、2007年-2009年には同じくタイガース傘下の1Aウェストミシガンで、それぞれ打撃コーチを務めた。2010年ニューヨーク・メッツ傘下の1Aブルックリン2011年からは同じくメッツ傘下のサバンナ・サンドナッツで打撃コーチを担当している[1]

人物[編集]

気性が荒く、暴れっぷりは来日以前からアメリカ3Aなどでは知られており、“ベニー・エキサイティング” と呼ばれていた。

凡打の後にベンチ裏で暴れることも珍しくなく、よく珍プレー番組などで取り上げられていた。3月15日にナゴヤ球場で行われた西武とのオープン戦で、鹿取義隆から受けた死球に激怒し、制止しようとした捕手の大宮龍男の顔面を何発も殴打する乱闘騒ぎをおこして退場処分を受けた。今でオープン戦において審判の暴言等の退場処分はあるものの、乱闘による退場処分はこの試合が初で現在のところ唯一となっている。星野は「エキサイティングな外国人が来た」とコメントしたが、暴れっぷりに関しては全盛期だった星野がここまで言ったことに、ディステファーノの暴れ方の凄さがうかがえる。

公式戦に入ってからも暴れっぷりは変わらず、5月24日の対巨人戦(ナゴヤ球場)で、槙原寛己バンスローに顔面付近の投球をしたことでバンスローが槙原と捕手の村田に激怒。その後星野が槙原の投球に対し、球審の友寄に「危険球ではないか」と抗議をしていたところ、巨人コーチの松原誠が星野に野次をしたことから星野が激昂し、三塁側の巨人ベンチへ詰めより割って入った水野雄仁に張り手を食らわすなど両チーム入り乱れての乱闘になった。その乱闘の際無関係のディステファーノが巨人コーチの江藤省三の顔面を殴りつけて出血させるなど大暴れし、当事者ではないのに1人だけ退場処分になった。星野は「なんで(当事者ではない)ディステファーノが退場なんだ!!」と激怒した。この試合はその後、中日の鹿島忠が巨人のウォーレン・クロマティの頭部付近に危険球を投げ、もう一度乱闘が発生した。

また退団前の試合で、審判の判定に不満を持ってベンチに戻り(退場処分にはなっていなかった)、ナゴヤ球場のベンチの設備を壊して球団から罰金を科せられた。しかし、罰金が支払われる前にシーズン途中での解雇が決定したため、罰金は未納のままとなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 PIT 45 86 78 10 13 1 2 3 27 9 0 1 2 0 5 1 1 13 3 .167 .226 .346 .572
1986 31 42 39 3 7 1 0 1 11 5 0 0 0 2 1 0 0 5 0 .179 .190 .282 .473
1988 16 33 29 6 10 3 1 1 18 6 0 0 0 1 3 1 0 4 1 .345 .394 .621 1.015
1989 96 176 154 12 38 8 0 2 52 15 1 0 2 0 17 3 3 30 6 .247 .333 .338 .671
1990 中日 56 200 181 18 39 4 0 5 58 14 1 2 4 1 10 1 4 33 2 .215 .270 .320 .591
1992 HOU 52 66 60 4 14 0 2 0 18 7 0 0 0 0 5 1 1 14 1 .233 .303 .300 .603
MLB:5年 240 403 360 35 82 13 5 7 126 42 1 1 4 3 31 6 5 66 11 .228 .296 .350 .646
NPB:1年 56 200 181 18 39 4 0 5 58 14 1 2 4 1 10 1 4 33 2 .215 .270 .320 .591

記録[編集]

NPB
  • 初出場・初先発出場:1990年4月7日、対横浜大洋ホエールズ1回戦(ナゴヤ球場)、3番・右翼手として先発出場
  • 初打席・初安打・初本塁打・初打点:同上、1回裏に中山裕章から右越先制ソロ本塁打 ※史上26人目の初打席初本塁打(外国人選手9人目)

背番号[編集]

  • 10 (1984年)
  • 31 (1986年)
  • 30 (1988年 - 1990年、1992年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]