ベニーズ・ビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベニーズ・ビデオ
Benny's Video
監督 ミヒャエル・ハネケ
脚本 ミヒャエル・ハネケ
製作 ファイト・ハイドゥシュカ
ベルナール・ラング
製作総指揮 ミヒャエル・カッツ
ゲブハルト・ツパン
出演者 アルノ・フリッシュ
アンゲラ・ヴィンクラー
音楽 J.S.バッハ
撮影 クリスティアン・ベルガー
編集 カール・シュリフェルナー
公開 フランスの旗 1992年5月13日CIFF
日本の旗 2001年6月23日PFF
上映時間 105分
製作国  オーストリア
スイスの旗 スイス
言語 ドイツ語
アラビア語
英語
フランス語
テンプレートを表示

ベニーズ・ビデオ』(英題:Benny's Video)は、1992年に制作されたミヒャエル・ハネケの劇場映画第2作。テッサロニキ国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。

本作は、「映像の中の映像」が繰り返し登場するのが特徴である。

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

青年ベニーは、自分で撮影した豚の屠殺ビデオに魅了されていた。趣味は、部屋から街をビデオ撮影することと、近所のビデオショップに通うこと。いつからかベニーは、人が血を流す映画を見ても刺激を感じなくなっていた。

ある日、ベニーは街で知り合った少女を誘い出し、自宅で屠殺のビデオを見せる。少女が飽きて帰りそうになると、父親から盗み出した屠殺用の銃を見せびらかす。

この時、少女の腹部に向けた銃を誤って発射してしまう。床に倒れ、血まみれで逃げ惑う少女に向けて、ベニーは困惑しながらも絶命するまで銃弾を浴びせ続けた。 ベニーの部屋に設置されたカメラは、この出来事の一部始終を記録していた。

人を殺したからとはいえ、ベニーの心境に変化は訪れることはない。適当に後始末をし、友達の家に遊びに行き、帰り道で床屋に行き丸刈りにしてもらう。帰っていた父親の説教も意に介さず部屋に戻ると、ベニーは両親に少女の殺害シーンのビデオを見せる。衝撃を隠せない両親は将来を守るためにある選択をする・・・・・・

外部リンク[編集]