ベニモンアゲハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベニモンアゲハ
ST001 Pachliopta aristolochiae.jpg
ベニモンアゲハ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科 : アゲハチョウ亜科 Papilioninae
: ジャコウアゲハ族 Troidini
: ベニモンアゲハ属 Pachiliopta
: ベニモンアゲハ P. aristolochiae
学名
Pachiliopta aristolochiae
(Fabricius, 1775)
和名
ベニモンアゲハ
英名
The Common Rose
亜種
  • P. a. interpositus(Fruhstorfer)

ベニモンアゲハ(紅紋揚羽、 Pachiliopta aristolochiae)は、チョウ目アゲハチョウ科に属するチョウの一種。熱帯アジアに広く分布するチョウで、和名通り後翅に鮮やかなの斑点が並ぶ。

特徴[編集]

成虫は前翅長40-55mm、開長約80mmほどで、アゲハチョウとしては小型である。翅はいが、後翅の中央にの大きな斑点があり、その周囲に鮮やかな-ピンク色の斑点が並んでおり、和名はここに由来する。後翅の斑点は、表側よりも裏側の方が大きく鮮やかである。また、翅だけでなく体側も赤い。雌雄の判別は分かりにくいが、雌のほうが全体的に色がくすんでいる。

インドから東南アジアにかけての熱帯域に生息する。日本にはそもそも分布しておらず、南方からきた迷蝶として八重山諸島で時々記録されていたが、1968年(昭和43年)ごろから土着し始めた。以後1972年(昭和47年)頃には宮古諸島、20世紀末に沖縄本島、21世紀初頭の時点では奄美群島まで分布を広げている。この分布域の広がりには地球温暖化の影響が指摘されている。

幼虫ジャコウアゲハの幼虫に酷似するが、ジャコウアゲハは第3・4・7腹節が白色なのに対し、本種は第3腹節のみが白い。自然界では有毒植物であるウマノスズクサ科(Aristolochiaceae)のコウシュンウマノスズクサ宮古島)、リュウキュウウマノスズクサ八重山列島)を食草とするが、人工飼育下では他のウマノスズクサも食草とする。ただし、生育途中で与える食草を変えると死ぬ事がある。

蛹もジャコウアゲハによく似ているが、ジャコウアゲハが中胸に朱色の紋があるのに対し本種は無地のままである。周年発生しているが、とくに冬から春にかけてが成虫個体数のピーク。越冬する場合は蛹。成虫は花によく訪れ、吸水には来ない。

シロオビアゲハ[編集]

シロオビアゲハ・ベニモン型のメス
Atrophaneura aristolochiae goniopeltis MHNT.jpg

ベニモンアゲハは幼虫時の食草であるウマノスズクサ類からアルカロイドを取りこんで化し、敵から身を守る。ベニモンアゲハの鮮やかな体色は毒を持つことを周囲に示す警戒色である。

シロオビアゲハ Papilio polytes は、ミカン類を食草にする無毒種だが、この種の雌は遺伝的に多型で、地域によって様々な模様を持つ。それらの中には「ベニモン型」と呼ばれる体色のタイプが存在し、自らの体色を有毒種のベニモンアゲハに似せて敵から身を守っている。この例をベイツ型擬態と呼ぶ。雌の中におけるベニモン型の割合はベニモンアゲハの生息数が多い地域ほど高くなる傾向にある。またベニモン型の雌には変異があり、後翅の白斑がまったくない個体もいる。

ベニモンアゲハとシロオビアゲハはどちらも分布が広く、地域による個体差も激しい。

参考文献[編集]

  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2

関連項目[編集]