ベニナギナタタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベニナギナタタケ
ベニナギナタタケ、飛騨山脈の剱岳(富山県中新川郡上市町)にて、2017年8月29日撮影
ベニナギナタタケ、剱岳富山県中新川郡上市町)にて
分類
: 菌界
: 担子菌門
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: シロソウメンタケ科 Clavariaceae
: ナギナタタケ属 Clavulinopsis
: ベニナギナタタケ
学名
Clavulinopsis miyabeana
和名
ベニナギナタタケ

ベニナギナタタケ(紅薙刀茸、学名:Clavulinopsis miyabeana)はヒダナシタケ目シロソウメンタケ科ナギナタタケ属キノコ

概要[編集]

夏から秋に森、林の中で群生、散生。色は全体的に赤みがかかることが多いが、褐色しやすく、淡赤、もしくはピンク色で自生していることが多い。子実体は棒状で、薙刀に似ており、紅色をしていることからベニナギナタタケと名付けられた。

食毒[編集]

可食とされるが美味ではないとする文献が多く、実際無味であるため、主にサラダマリネ等の彩りを豊かにする食材として使用される。

ベキナギナタタケとやや似た外見を持つ毒キノコカエンタケが、誤って食された事故が報告されている。カエンタケは毒キノコの中で有数の猛毒をもち、致死性の中毒を起こすのでよく注意する必要がある。

その他[編集]

本種を、シロソウメンタケ科ナギナタタケ属のキノコ(Clavulinopsis miyabeana)とする文献と、塩化第二鉄水溶液で変化しないグループシロソウメンタケ属のキノコ(Clavlia aurantio-cinnabarina)とする文献もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 毒に注意(キノコ) 山形県衛生研究所。カエンタケとの相違点について解説有り。(リンク切れ)