ベドフォード (ニューハンプシャー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベドフォード
Bedford, New Hampshire
ベドフォード町役場
ベドフォード町役場
ニューハンプシャー州におけるヒルズボロ郡(左図)と、同郡におけるベドフォード町の位置
ニューハンプシャー州におけるヒルズボロ郡(左図)と、同郡におけるベドフォード町の位置
北緯42度56分47秒 西経71度30分57秒 / 北緯42.94639度 西経71.51583度 / 42.94639; -71.51583座標: 北緯42度56分47秒 西経71度30分57秒 / 北緯42.94639度 西経71.51583度 / 42.94639; -71.51583
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューハンプシャー州の旗 ニューハンプシャー州
ヒルズボロ郡
法人化 1750年
行政
 • 町マネジャー スティーブ・デイリー
面積
 • 合計 33.1mi2 (85.8km2)
 • 陸地 32.8mi2 (85.0km2)
 • 水面 0.3mi2 (0.7km2)  0.85%
標高
308ft (94m)
人口
(2010年)
 • 合計 21,203人
 • 密度 640/mi2 (250/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (東部夏時間)
郵便番号
03110
市外局番 603
FIPS code 33-04500
GNIS feature ID 0873541
ウェブサイト www.ci.bedford.nh.us

ベドフォード: Bedford)は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ヒルズボロ郡の町である。2010年国勢調査では、人口21,203 人だった[1]。州内最大の都市である マンチェスター市の郊外にある。

歴史[編集]

1733年、マサチューセッツ湾直轄植民地が、ロードアイランドナラガンセットインディアンと戦った兵士のために、ベドフォードの地域を「ナラガンセット5号」という町として設立した[2]。この地域は「スーヒガン東」とも呼ばれていた。この町は1750年にベドフォードとして法人化され[3]、第4代ベドフォード公爵ジョン・ラッセルにちなんで町名が付けられた[4]。ベドフォード公は1748年から1751年まで南部方面担当相(植民地担当)を務め、ニューハンプシャー植民地総督のベニング・ウェントワースとは親友だった。ベッドフォード公の最初の妻ダイアナ・スペンサーは第3代サンダーランド伯チャールズ・スペンサーの娘だった[5]

ベドフォードの初期開拓者はロバート・ウォーカーとジェイムズ・ウォーカー3世だった。現在ホーソーン・ドライブと呼ばれる所に立つ1737年の日付けがある記念碑は、入植を記念するものである。ベドフォードの最初のまとめ役はジョン・ゴフ大佐の息子であるジョン・ゴフ町長であり、郡内にあるゴフスタウンはこのゴフから名付けられた。

1874年、ベドフォードにはコンコード鉄道が通り、マンチェスター・アンド・アシュバーナム鉄道の計画もあった[6]

ニューハンプシャー州南東部の多くの町と同様に、ベドフォードは最近50年間で急速に成長してきた。2000年の人口は18,274人であり、1950年の2,176人と比べると8倍以上になっていた。その間の10年ごとの国勢調査ではかなりの増加率になり、1980年から1990年の33%から1950年から1960年の67%までの変化があった。ニューハンプシャー州エネルギー計画局による2005年の推計人口は20,738人であり[7]、州内法人化された市と町の中では第13位だった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、町域全面積は33.1平方マイル (86 km2)であり、このうち陸地32.8平方マイル (85 km2)、水域は0.3平方マイル (0.78 km2)で水域率は0.85% である。メリマック川以外に大きな水域はセビンズ池であり、セビンズ・ブルックによって他の小さな水域と繋がっている。ベドフォードの北はゴフスタウンとマンチェスター市、東はメリマック川の対岸にマンチェスター市、南はメリマック町、西はアマースト町とニューボストン町と接している。

パルピット・ロックという岩の地形(当初はデビルズ・パルピット)が町の北部、ニューボストン道路沿いにあり、町が所有するパルピット・ロック保護地域の中心である。町内最高地点は標高845フィート (258 m) のホルブルックヒルであり、町の北西隅にある。町内全域がメリマック川流域に入っている[8]

人口動態[編集]

人口推移
人口
199012,563
200018,27445.5%
201021,20316.0%
U.S. Decennial Census

以下は2010年国勢調査による人口統計データである[1]

基礎データ

  • 人口: 21,203 人
  • 世帯数: 7,364 世帯
  • 家族数: 5,834 家族
  • 人口密度: 249.4人/km2(646.4 人/mi2
  • 住居数: 7,634 軒
  • 住居密度: 89.8軒/km2(232.7 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 28.6%
  • 18-24歳: 4.7%
  • 25-44歳: 21.4%
  • 45-64歳: 31.7%
  • 65歳以上: 13.5%
  • 年齢の中央値: 42歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.7
    • 18歳以上: 92.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 40.9%
  • 結婚・同居している夫婦: 69.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 6.5%
  • 非家族世帯: 20.8%
  • 単身世帯: 16.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 7.6%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.81人
    • 家族: 3.19人

収入[編集]

収入と家計[9]

  • 収入の中央値
    • 世帯: 116,299米ドル
    • 家族: 127,589米ドル
    • 性別
      • 男性: 99,366米ドル
      • 女性: 53,286米ドル
  • 人口1人あたり収入: 50,952米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 3.4%
    • 対家族数: 2.7%
    • 18歳未満: 4.2%
    • 65歳以上: 1.0%

2006年から2010年の平均一人当たり収入は州内第5位だった[10]

政治[編集]

ベドフォードは政治的に一貫して共和党を支持しており、1932年以降州議会に民主党員を送り出したことは無い。

教育[編集]

町内に6つの学校がある。メモリアル、ピーター・ウッドベリー、リドル・ブルックの3校が地区学校であり、幼稚園から4年生までを教えている。マッケルビー中間学校は5年生と6年生を教えている。2007年、ラージョ中学校(7年生と8年生)とベドフォード高校(9年生から12年生)が開校した。

ラージョ中学校とベドフォード高校は合わせて30万平方フィート (28,000 m²) の校舎を共有している。これは規模の経済効果(共有キッチン、講堂、セキュリティ)を得るためになされたが、入り口が異なり、バスのスケジュールを変え、始業と終業時刻を変えて、別の学校として運営している。さらに両校の間の通行には鍵が必要である。

セントアンセルム・カレッジのキャンパスには少数の運動場がある。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Profile of General Population and Housing Characteristics: 2010 Demographic Profile Data, Bedford town, Hillsborough County, New Hampshire (DP-1)”. American Factfinder. U.S. Census Bureau. 2012年11月27日閲覧。
  2. ^ Bedford”. Statistics and Gazetteer of New-Hampshire, 1875. 2013年12月19日閲覧。
  3. ^ Bedford, New Hampshire”. City-Data.com. 2013年12月19日閲覧。
  4. ^ Profile for Bedford, New Hampshire, NH”. ePodunk. 2013年12月19日閲覧。
  5. ^ Laybourn, Keith (2001). British Political Leaders: A Biographical Dictionary. Keith. p. 29. http://books.google.com/books?id=IolLcc5htJoC&pg=PA29&dq=John+Russell+Secretary+of+State+for+the+Southern+Department&hl=en&sa=X&ei=QXyzUoDlCdHmsASooID4Dw&ved=0CE0Q6AEwAQ#v=onepage&q=John%20Russell%20Secretary%20of%20State%20for%20the%20Southern%20Department&f=false 
  6. ^ Bedford”. Statistics and Gazetteer of New-Hampshire, 1875. 2013年12月19日閲覧。
  7. ^ 2005 Population Estimates of New Hampshire Cities and Towns (PDF)”. New Hampshire Office of Energy and Planning (2006年7月). 2007年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月1日閲覧。
  8. ^ Foster, Debra H.; Batorfalvy, Tatianna N.; Medalie, Laura (1995). Water Use in New Hampshire: An Activities Guide for Teachers. U.S. Department of the Interior and U.S. Geological Survey. http://nh.water.usgs.gov/Publications/nh.intro.html 
  9. ^ SELECTED ECONOMIC CHARACTERISTICS: 2006-2010 American Community Survey 5-Year Estimates (DP-3) - Bedford town, Hillsborough County, New Hampshire (DP-3)”. American Factfinder. U.S. Census Bureau. 2012年11月27日閲覧。
  10. ^ SELECTED ECONOMIC CHARACTERISTICS: 2006-2010 American Community Survey 5-Year Estimates (DP-3) - All Towns, New Hampshire”. American Factfinder. U.S. Census Bureau. 2012年11月27日閲覧。
  11. ^ Chris Carpenter”. New Hampshire.com. 2013年12月19日閲覧。
  12. ^ Dean Kamen's House Rivals Best Industrial Museums”. Design News. 2013年12月19日閲覧。
  13. ^ Dobbs, Katelyn. “For Seth Meyers, you can go home again”. Bedford Journal. 2012年7月14日閲覧。
  14. ^ Willis, John and Monush, Barry (2010). Screen World 2006. Hal Leonard Corporation. p. 404. http://books.google.com/books?id=uxunSeshPngC&pg=PA404&dq=Sarah+Silverman+bedford+nh&hl=en&sa=X&ei=qW-zUu2qHKvnsASe-oLoAg&ved=0CFUQ6AEwBA#v=onepage&q=Sarah%20Silverman%20bedford%20nh&f=false 

外部リンク[編集]


隣接する都市と町[編集]