ベトナムコブイモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベトナムコブイモリ
ベトナムコブイモリ
ベトナムコブイモリ Paramesotriton deloustali
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
: イモリ科 Salamandridae
亜科 : Pleurodelinae
: コブイモリ属 Paramesotriton
: ベトナムコブイモリ
P. deloustali
学名
Paramesotriton deloustali
(Bourret, 1934)[1][2][3]
シノニム

Mesotriton deloustali
Bourret, 1934[1][2]

和名
ベトナムコブイモリ[3][4][5]
英名
Tam Dao salamander[1][2]
Vietnam warty newt[1][2]
Vietnamese salamander[2][4]

ベトナムコブイモリ(Paramesotriton deloustali)は、両生綱有尾目イモリ科コブイモリ属に分類される有尾類。

分布[編集]

ベトナム北部[3][4]

形態[編集]

全長オス16 - 17センチメートル、メス18 - 20センチメートル[3]。コブイモリ属最大種[3][5]。体形は頑丈[3][4]。尾は側偏し、頭胴長よりもわずかに長い[3]。背面の色彩は赤褐色や褐色で、四肢や尾の基部に赤い斑点が入る個体もいる[3]。背面中央と背側面の隆起は赤や橙色の個体が多い[3]。腹面の色彩は明赤色や濃橙色で、黒い網目状の斑紋が入る[3]

頭長と頭幅が同程度か、頭長がわずかに長い[3]。耳腺は発達する[3][4][5]。舌は口内の下側と癒合しない[3]。胴体に沿って前肢(および指)を後方へ後肢(および趾)を前方に伸ばすと重複する[3]。指趾は長く、後肢の趾は5本[3][4]

生態[編集]

標高200 - 1,300メートルにある渓流に生息する[3]夜行性で、昼間は水中の石の下などで休む[3]

水生昆虫を含めた水生の無脊椎動物を食べると考えられている[3]

繁殖様式は卵生。繁殖に関する知見は飼育下での観察例に基づく[3]。1 - 4月に30 - 256個の卵を後肢で水生植物の葉に挟みこむようにして産んだ例がある[3]

人間との関係[編集]

伝統的に薬用になると信じられている[1]

森林伐採や農地開発・家畜の放牧などによる生息地の破壊、水質汚染、薬用やペット用の採集などにより生息数は減少している[1]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。流通は不定的で、2005年現在では近年は2001 - 2002年に輸入例が1例あったのみとされる[5]アクアリウムで飼育される[5]。協調性に欠け他個体に噛みついて致命傷を負わせることもあるため、基本的には単独で飼育する[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g IUCN SSC Amphibian Specialist Group. 2017. Paramesotriton deloustali. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T16129A113959728. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-2.RLTS.T16129A113959728.en. Downloaded on 10 May 2018
  2. ^ a b c d e Paramesotriton deloustali. Frost, Darrel R. 2018. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 10/05/2018)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 西川完途「イモリ科(その10)-コブイモリ属2-」『クリーパー』第77号、クリーパー社、2017年、81-84頁。
  4. ^ a b c d e f 松井正文 「ベトナムコブイモリ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、211頁。
  5. ^ a b c d e f 山崎利貞 「ベトナムコブイモリ」『爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間 有尾類・無足類』、誠文堂新光社2005年、80頁。

関連項目[編集]