ベトナムの民族楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ベトナムの民族楽器ではベトナムで伝統的に用いられる楽器ベトナム古典音楽で用いられる楽器について説明する。それらはキン族をはじめとする様々な民族によって用いられてきたもので、分類も多岐にわたる。

弦鳴楽器[編集]

撥弦楽器[編集]

  • ダン・バウまたはダン・ドック・フイェン(Đàn bầu、Đàn độc huyền) - ツィター属の単弦楽器。主にC3に調弦される。しばしば他の調弦もされる。
  • ダン・ダイ(Đàn đáy) - 長棹リュート。歌手が用いる。胴は台形で三つの弦はG3 C4 F4に調弦される。
  • ダン・グエットまたはダン・キム(Đàn nguyệt、nguyệt cầm、đàn kìm、Quân tử cầm) - リュート属。月のような形の楽器。二つの弦は完全四度、完全五度、または短七度になるよう調弦される。ニャー・ニャックに用いられる。
  • ダン・サン(Đàn sến) - 二弦のリュート属の楽器。 調弦は様々。
  • ダン・タム(Đàn tam) - フレットのないリュート属の楽器。両面に蛇の皮が貼られた共鳴胴をもつ。三つの弦を F3 C4 F4に調弦する。中国の三弦に似る。ニャー・ニャックに用いられる。
  • ダン・チャイン(Đàn tranh) - 板型ツィター属の長い楽器。16弦の金属弦を持つ。
  • ダン・ティ・バ(Đàn tỳ bà、Đàn tyba) - 洋なしのような形のリュート属の楽器。四つの弦はC4 F4 G4 C5に調弦される。ニャー・ニャックに用いられる。
  • ダン・トゥまたはダン・ドアン(đàn tứ、Đàn đoản) - 丸型または四角い形の四弦の楽器。背は平らである。短棹リュート属。 C3 G3 D4 A4に調弦される。
  • Guitar phím lõm (lục huyền cầm, ghi-ta phím lõm,Đàn ghita) - ベトナム仕様に変えられた五弦のアコースティックギター又はエレクトリックギター。主にcải lương(現代のベトナム民族劇場)で用いられる。調弦はC3 F3 C4 G4 C5。
  • Đàn tứ dây - đàn đáyと同じ形のベースギター。
  • Cầm - ツィター属の七弦の楽器。中国の古琴に相当する。廃れた楽器。
  • Sắt - ツィター族の25弦の楽器。中国のseに相当する。廃れた楽器。
  • ダン・ティンまたはティン・タオ(Đàn tính、ting tâu) - 長棹リュート属。ひょうたんの胴と2、3本の絹の弦をもつ;タイー族やヌン族(Nung)、またタイの民族によって用いられる。
  • Bro - ツィター属。フレット付き。竹の胴とひょうたんの共鳴器を持つ。中部高原の少数民族が用いる。
  • Goong - ツィター属。胴は竹の管でできている。中部高原の少数民族が用いる。
  • チョン・クアン(trông quân) - ベトナム北部のツィター
  • Đàn tre - 撥弦楽器。Đàn tínhに似る。Nguyễn Minh Tâmによって作られた。80センチの針金を弦として23本持ち、それらはホースバンドによって竹の管の最上部のへりに固定される。4リットルの長方形のオリーブオイルの空き缶が下部に取り付けられ、これは共鳴器として機能する。この楽器はベトナム音楽洋楽も演奏することが出来る。オーストラリア国立博物館では、この楽器の見物ならびに作者による演奏の録音を聞くことが出来る。[1]
ダン・バウ ダン・ダイ ダン・チャイン ダン・ティ・バ ダン・トゥ ダン・ティン Goong
Vietnamese musical instrument Dan bau 2.jpg
Man playing a đàn đáy.jpg
Dantranh top02.jpg
Tỳ bà.jpg
Đàn tứ.jpg
Goong.png

擦弦楽器[編集]

打弦楽器[編集]

気鳴楽器[編集]

フルート属[編集]

  • サオまたはディック(Sáo、sáo trúc、dich) - 竹や硬い木で作られる横笛。ニャー・ニャックに用いられる。
  • サオ・モン(Sáo H'Mông、sáo Mèo) - モン族の横笛。
  • ティエウ(tiêu) - 竹か青銅製の縦笛

オーボエ属[編集]

クラリネット属[編集]

自由簧楽器類[編集]

  • セイン(sênh) - 中国の笙に似る。
  • ディン・ナム(Đing nǎm) - ひょうたんの胴に竹の管が伸びる。高地の少数民族が用いる。
  • M'buot - ひょうたんの胴に竹の管が伸びる。 高地の少数民族が用いる。

打楽器[編集]

太鼓の類[編集]

調律される打楽器[編集]

エデ族のt'rung 
  • Biên chung[2]
  • Biên khánh[3]
  • Cồng chiêng - ゴングの一種。
  • Tam âm la - 3つの高音の平らなゴングが組になったもの。ニャー・ニャックで用いられる。
  • T'rưng - 竹製鍵盤打楽器。
  • Đàn đá - リソフォン。一般に9つ以上の65から102センチメートルほどの石の棒を用いる。 紀元前1000年ほどに遡るとされる。M’nong族はGoong Lú又はKologolo、Mạ族はGôông Lukと呼ぶ。
  • クロン・プット(Klông pút) - 複数の竹の管。手で管の端を叩く

調律されない打楽器[編集]

モーコック

出典[編集]

  1. ^ Transnational Ties: Australian Lives in the World - Page 289 Desley Deacon, Penny Russell, Angela Woollacott - 2008 "By Jennifer Wilson The dàn tre, translated simply as 'bamboo musical instrument', is the invention of Minh Tam Nguyen.
  2. ^ Đại Dương (2010年12月9日). “Sắp phục chế thành công 2 bộ nhạc cụ độc đáo đã thất truyền”. 2016年10月15日閲覧。
  3. ^ Đại Dương (2010年12月9日). “Sắp phục chế thành công 2 bộ nhạc cụ độc đáo đã thất truyền”. 2016年10月15日閲覧。
  4. ^ a b 黒沢隆朝、東洋音楽学会 『東南アジアの音楽』、1970年、92,93頁。 全国書誌番号:75042148

参考文献[編集]

  • Paul Wolff (1989), A checklist of Musical Instruments from the East- and South-East Asian Mainland, Haags Gemeentemuseum 1989, ISBN 9067300675 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]