ベッドフォードQL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベッドフォードQL
Bedford QLR.JPG
ベッドフォードQLR
種類 汎用トラック砲兵トラクターなど
原開発国 イギリスの旗 イギリス
開発史
製造業者 ボクスホール
ベッドフォードブランド)
製造期間 1941年~1945年
製造数 52,247両
諸元
重量 3,277 kg
全長 5.99 m
全幅 2.26 m
全高 2.54 m

エンジン 3,519cc 6気筒ガソリン
搭載容量 60CWT(約3t)
懸架・駆動 リーフスプリング、4輪駆動
燃料タンク容量 127 L
行動距離 250 km
テンプレートを表示

ベッドフォードQL(Bedford QL)は、第二次世界大戦期にイギリスボクスホール社で開発され、イギリス軍およびイギリス連邦軍で運用された軍用トラックシリーズの名称である。

概要[編集]

ベッドフォードQLを開発した工業メーカーのボクスホール社は1903年から自動車製造業に参入し、1905年に拠点をイングランド東部ベッドフォードシャーに移転、1925年からはアメリカ合衆国の自動車メーカーであるゼネラルモーターズの傘下となり、1930年から"ベッドフォード"のブランド名を冠するバス、バン、トラックタイプの車両の生産を始めていた。第二次世界大戦前の1935年からはベッドフォードMWのシリーズ名で、後輪駆動、積載量15CWT(3/4トン)クラスの軍用小型ボンネットトラックの開発を始めており、1939年からは、同じく後輪駆動のボンネットトラック型で積載量60CWT(約3トン)のベッドフォードOY、および、OYをショートホイールベース化した積載量30CWT(約1.5トン)のベッドフォードOXの生産も併行して行っていた。

ベッドフォードQLは、4×4輪駆動の、キャブオーバー型、積載量60CWT(約3トン)クラスの新型軍用トラックとして、1939年頃より開発され1941年から実戦配備が始まった。

1945年の終戦までに、各タイプ合計で52,247両が生産され、イギリス軍およびイギリス連邦軍で広く使用された。

バリエーション[編集]

ベッドフォードQLにも、ベッドフォードMWやベッドフォードOYと同様、いくつかの派生型があり、モデル名の末尾にアルファベットを付加して区別される。

Bedford QL1
試作型。
Bedford QLB
ウィンチを装備した車両。ボフォース 40mm対空機関砲用の牽引用車両は、荷台前半が兵員用スペース、後半には弾薬を搭載していた。また。これとは別にレッカー型も存在した。
Bedford QLC
特殊型。パネルバン型、ショップバン型、燃料タンカー型、ウォータータンカー型、消防車型など。
Bedford QLD
汎用のカーゴトラック型。QLシリーズの基本型で、最も多く生産された(総生産数の約半数)。対空機関砲を搭載した車両などもQLDから改造されて製作されている。
Bedford QLR
ショップバンタイプの荷台に無線通信設備を搭載した車両で、指揮車両あるいは通信車両として使用された。
Bedford QLT
兵員輸送型。カーゴトラック型とほとんど同じ造りだが、荷台部分とシャーシが後方に延長されている(ホイールベースは変わらない)。
Bedford QLW
荷台部分に動力を供給できる車両で、ダンプトラック型や、航空機のエンジン始動用クランク装備車両などが製作された。

画像[編集]

使用国[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]