ベッチドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Betschdorf
Betschdorf.jpg
Betschdorf-Maisons à colombages.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) バ=ラン県Blason département fr Bas-Rhin.svg
(arrondissement) ヴィサンブール郡
小郡 (canton) スルツ=スー=フォレ小郡庁
INSEEコード 67339
郵便番号 67660
市長任期 アドリアン・ヴァイス
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) C.C. du Hattgau et environs
人口動態
人口 4 001人
2008年
人口密度 142人/km2
住民の呼称 Betschdorfois, Betschdorfoises
地理
座標 北緯48度53分58秒 東経7度54分24秒 / 北緯48.899444度 東経7.906667度 / 48.899444; 7.906667座標: 北緯48度53分58秒 東経7度54分24秒 / 北緯48.899444度 東経7.906667度 / 48.899444; 7.906667
標高 平均:m
最低:114 m
最高:210 m
面積 28.11km2 (2 811ha)
Betschdorfの位置(フランス内)
Betschdorf
Betschdorf
公式サイト Site officiel de la commune
テンプレートを表示

ベッチドルフBetchdorf)は、フランスグラン・テスト地域圏バ=ラン県コミューン。釉薬に塩を用いるせっ器の製造で知られる。ドイツ、プファルツ地方と接するウトル=フォレ地方(fr)の入口にあたる[1]

歴史[編集]

ベッチドルフ焼き

ベッチドルフの地はケルト人ローマ人が最も古くに暮らしていた。中世最盛期、村はハットガウ領主の領地の一部をなしていた。1332年にリヒテンベルク家(その後ハーナウ・リヒテンベルク家となる)が領主となった。村は16世紀初頭のドイツ農民戦争で農民側につき、厳しく罰せられた。

1586年、ドイツ人陶芸家Knoetchenが村へ移り住み、彼はせっ器の製法を伝えた。ソエル川沿いは天然の粘土が取れた。瞬く間にベッチドルフはせっ器の製造中心地となり、アルザス地方に良い品質の食器を供給した。1717年、ラインラントから陶器作りの別の影響があった。製造中に塩水を噴霧し、灰色の器に青い釉薬をかけるという特徴の陶器のおかげで、村は繁栄した。

現在、スフレンアイムの陶器とともにベッチドルフの陶器も知られている。13の工房で昔ながらの塩水を噴霧するやり方で作られており、これによって防水がなされるのでベッチドルフの器は食品の保存に向いている。

1971年3月13日、オーベルベッチドルフとニーデルベッチドルフの2つのコミューンが合併して、ベッチドルフが誕生した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2009年
2757 2848 3038 3371 3628 3727 3940 4001

参照元:INSEE[2] · [3]

脚注[編集]

  1. ^ « Outre-Forêt », in Alsace, Gallimard, Paris, 2007, p. 205
  2. ^ Betschdorf sur le site de l'Insee
  3. ^ Population municipale 2008 sur le site de l'Insee.