ベッキー・チェンバーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Becky Chambers.jpg

ベッキー・チェンバーズBecky Chambers1985年 - )[1]は、アメリカのSF作家である。代表作は、2019年のヒューゴー賞 シリーズ部門を受賞した〈ウェイフェアラー〉シリーズ。

経歴[編集]

劇場経営者・フリーライターとして活動していた2014年、キックスターターで執筆資金を集めた第一長編『銀河核へ』(en:The Long Way to a Small, Angry Planet)を個人出版する[2]。同長編はのちに大幅改稿のうえHodder & Stoughton社から商業出版された[3]。2016年、続編となる長編A Closed and Common Orbitを刊行。2018年、シリーズ第三作となる長編Record of a Spaceborn Fewを刊行。

このシリーズは2019年にヒューゴー賞シリーズ部門を受賞した。

人物[編集]

1985年南カリフォルニア生まれ、ロサンゼルス郊外で育つ[1]サンフランシスコ大学演劇を学んだ。アイスランドスコットランドに住んだのちカリフォルニアに戻り、現在は妻と一緒に暮らしている[4][1]

書誌[編集]

  • The Long Way to a Small, Angry Planet (2014) - アーサー・C・クラーク賞キッチーズ賞新人部門候補 ISBN 978-0062444134
  • A Closed and Common Orbit (2016) - 2017年ヒューゴー賞 長編小説部門候補 ISBN 978-0062569400
  • Record of a Spaceborn Few (2018) - 2019年ヒューゴー賞 長編小説部門候補 ISBN 978-0062699220
  • To Be Taught, If Fortunate (2019) - ISBN 978-1473697164

脚注[編集]

  1. ^ a b c Becky Chambers: To Be Spaceborn”. Locus Magazine (2018年12月17日). 2018年12月31日閲覧。
  2. ^ The Long Way to a Small, Angry Planet”. Kickstarter. 2018年5月31日閲覧。
  3. ^ Liptak, Andrew (2015年9月12日). “The Long Way To A Small Angry Planet Is This Year’s Most Delightful Space Opera”. Io9. 2018年7月19日閲覧。
  4. ^ “Becky Chambers”. HarperCollins. https://www.harpercollins.com/author/cr-122521/becky-chambers/ 2018年5月30日閲覧。