ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベター・ウォッチ・アウト
クリスマスの侵略者
Better Watch Out
監督 クリス・ペッコーヴァー
脚本 ザック・カーン
クリス・ペッコーヴァー
原案 ザック・カーン
製作 ブレット・ソーンクエスト
ブライオン・ハンベル
シドニー・アベン
ポール・ジェンセン
製作総指揮 スティーヴン・マトゥスコ
シェーン・アビス
ロレンツォ・デ・マイオ
出演者 オリヴィア・デヨング
リーヴァイ・ミラー英語版
音楽 ブライアン・カチーア
撮影 カール・ロバートソン
編集 ジュリー=アン・デ・ルボ
製作会社 Well Go USA Entertainment
Storm Vision Entertainment
Best Medicine Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 Well Go USA Entertainment
日本の旗 インターフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年10月6日
オーストラリアの旗 2017年11月23日
日本の旗 2020年12月4日[1]
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $3,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $20,369[3]
世界の旗 $188,756[3]
テンプレートを表示

ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者』(ベターウォッチアウト クリスマスのしんりゃくしゃ、Better Watch Out)は、2016年アメリカ合衆国オーストラリアホラー映画。監督はクリス・ペッコーヴァー、出演はオリヴィア・デヨングリーヴァイ・ミラー英語版など。クリスマスに家で留守番することになった12歳の少年と、バイトで子守にやって来た年上の美少女による、謎の侵入者との攻防を描いている[4]。「ホラー版ホーム・アローン」とも言われている[1]

日本ではNetflixで配信されていたが、2020年12月4日から新宿シネマカリテシネマート心斎橋など、全国で順次公開された[1]

ストーリー[編集]

アシュリーはクリスマスの日にある家でベビーシッターのアルバイトをすることになり、依頼主の家にやって来た。彼女は家人が留守の間、彼らの息子で12歳の少年ルークの面倒を見ることに。

だが、不審な電話がかかってきたのを皮切りに、家の外に怪しい影がちらつくようになる。アシュリーはルークを守ろうと奮闘する。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「カリスマ的若手キャストによる『ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者』は、愛らしくも不吉なホリデー・ホラー映画である。」であり、65件の評論のうち高評価は89%にあたる58件で、平均点は10点満点中6.9点となっている[5]Metacriticによれば、13件の評論のうち、高評価は10件、賛否混在は1件、低評価は2件で、平均点は100点満点中67点となっている[6]

出典[編集]

外部リンク[編集]