ベス・ベアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベス・ベアーズ
Beth Behrs
Beth Behrs
 2012年
生年月日 1985年12月26日(28歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
職業 女優
活動期間 2009 -

ベス・ベアーズBeth Behrs, 1985年12月26日[1][2] - )は、アメリカ合衆国女優

生い立ち[編集]

大学の学長デビッド・ベアーズと第一学年の先生モーリーン・ベアーズの長女としてペンシルベニア州ランカスターで生まれる[3][4]。6歳年下の妹がいる[5]。1989年にバージニア州リンチバーグに移って育つ[4]。4歳の頃から劇場で演じ始め、育っていくなかでサッカーをしていた[6]。彼女はE.C.グラス高校の生徒だった[7]

15歳の頃、ベアーズはサンフランシスコ・ベイエリアにあるカリフォルニア州マリン郡へと家族と一緒に移り住む[8]。2001年にタマルパイス高校に通い始めた彼女は学校から高い評価を受けてドラマプログラムに受け入れられる[2]。ベアーズはサンフランシスコにあるアメリカン・コンサーヴァトーリ・シアターで学び、ミュージカル『Dangling Conversations: The Music of Simon and Garfunkel』、ふたつの劇『Korczak’s Children』ならびに『A Bright Room Called Day』でそれぞれ演じている。彼女は歌手としてクラシカルな訓練を受ける[9]。ベアーズはUCLA スクール・オブ・シアター、フィルム・アンド・テレビジョンで演技を学ぶため2004年にカリフォルニア州ロサンゼルスに移る[9]。サンフランシスコにあるレイ・オブ・ライトシアターにてミュージカル『Grease』でサンディ・ドムブロワスキ役を演じ、そして2006年度のミス・マリン郡に指名される[10][11]。ベアーズは大学4年生だった頃から役柄を得るためオーディションを受け始め、2008年に批判研究で学位を取得して卒業する。卒業後にヤングミュージシャン財団からボーカル奨学金を授与される[2][8]

キャリア[編集]

バンクーバーで2009年3月から7週間にわたって撮影したティーンコメディ『アメリカン・パイ in ハレンチ教科書』で初の映画出演を果たす[8]。『アメリカンパイ』シリーズの第7弾目となった映画は2009年12月22日にオリジナルビデオとしてリリースされた。ベアーズはテレビパーソナリティーであるマリア・メノウによって製作された不器用な連続殺人犯の集団について描かれたコメディインディペンデント映画『Adventures of Serial Buddies』に出演する[9]。また、同映画にはクリストファー・ロイド、キャシー・リー・ギフォード、アーティ・ランゲも出演している。2010年後半にペンシルバニア州チェンバーズバーグでインディペンデントフィーチャ『Route 30, Too!』を撮影、エイリアンの少女を演ずる[12]。ベアーズは、ふたつのテレビシリーズである『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』とABCの『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』にそれぞれゲスト出演[13]する。2011年、彼女はCBSのシットコム『NYボンビー・ガール』のオーディションを受けていたころ、ウエストウッドにあるゲフィンプレイハウスで働いていた[11]。7回目のオーディションを経て主演な役柄を獲る。ベアーズが演じるキャロライン・チャニング役はマンハッタンアッパー・イースト・サイドの金持ちの女子相続人だったが、父親が金融不正行為で逮捕されたため、ブルックリンのウィリアムズバーグにあるダイナーでウェイトレスになることを強制される[14]。ベアーズのキャラクターはベンチャービジネスを立ち上げようと皮肉屋なウェイトレスであるマックス役(カット・デニングス)とタッグを組む[11]。テレビドラマはコメディアンのウィットニー・カミングス、『セックス・アンド・ザ・シティ』のプロデューサーのマイケル・パトリック・キングが製作した[6]。CBSはテレビドラマのシーズン2・3をリニューアルした[15][16]。2013年、ベアーズはファッションスタイリストのブラッド・ゴレスキー出演のリアリティテレビ番組『It's a Brad, Brad World』に登場する[17] 。カントリーミュージックグループのレディ・アンテベラムの楽曲「Downtown」のミュージックビデオで歌手ヒラリー・スコットの友人を演じた[18]。また、ベアーズは2013年のアカデミー・オブ・カントリー・ミュージック賞でプレゼンターを務める。ピクサーアニメーション映画『モンスターズ・ユニバーシティ』に女子学生社交クラブの女の子キャリー・ウィリアムズとして声の出演をする。映画は2001年の『モンスターズ・インク』の続編で、2013年6月21日に公開された[19]

私生活[編集]

2012年時点で、俳優マイケル・グラディスと交際[20]。2人は一緒にウェブサイト「Funny or Die」の「The Argument」に登場した[21]

出演作品[編集]

映画
作品名 役名 備考
2009 アメリカン・パイ in ハレンチ教科書
American Pie Presents: The Book of Love
Heidi オリジナルビデオ
2011 Adventures of Serial Buddies Brittany
2012 Route 30, Too! Alien girl
2013 モンスターズ・ユニバーシティ
Monsters University
キャリー・ウィリアムス 声の出演
TBA Chasing Eagle Rock Deborah ポストプロダクション
テレビシリーズ
作品名 役名 備考
2010 NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
NCIS: Los Angeles
聖歌隊員 計1話
2011 キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き
Castle
Ginger 計1話
2011 Pretty Tough Regen Hulu シリーズ
2011 – NYボンビー・ガール
2 Broke Girls
キャロライン・チャニング メインキャスト
ティーン・チョイス・アワードテレビブレイクアウトスター: 女性 — ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ 2 Broke Girls Cast: Beth Behrs”. CBS. 2011年10月5日閲覧。
  2. ^ a b c Larson, Vicki (2011年9月20日). “Marin's Beth Behr is 1 lucky girl for role in '2 Broke Girls'”. Marin Independent Journal. http://www.mercurynews.com/tv/ci_18929386 2011年9月21日閲覧。 
  3. ^ Adams, Marv (2011年6月5日). “A star was born (here)”. Lancaster Online. http://lancasteronline.com/article/local/400585_A-star-was-born--here-.html 2011年9月16日閲覧。 
  4. ^ a b Behrs, David (2011年6月12日). “Letters to the editor – June 12, 2011”. Lancaster Online. http://lancasteronline.com/article/local/404015_Letters-to-the-editor---June-12--2011.html?page=all 2011年9月16日閲覧。 
  5. ^ Loughlin, Sue (2007年10月26日). “The Woods installs first male president”. Tribune-Star. http://tribstar.com/local/x1155716620/The-Woods-installs-first-male-president 2011年9月16日閲覧。 
  6. ^ a b Werts, Diane (2011年9月9日). “Behrs bears up to be a 'Broke' girl”. Variety. http://variety.com/2011/tv/news/behrs-bears-up-to-be-a-broke-girl-1118042117/ 2011年9月16日閲覧。 
  7. ^ Gillis, Casey (2012年5月22日). “E.C. Glass's drama director to retire”. The News & Advance. オリジナル2012年5月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120524062705/http://www2.newsadvance.com/news/2012/may/22/ec-glasss-drama-director-retire-ar-1935194/ 2012年8月9日閲覧。 
  8. ^ a b c Crocker, Amy (2009年12月30日). “SFist Interviews: Beth Behrs, a Direct-to-DVD American Pie Sequel Actress from Marin”. SFist. http://sfist.com/2009/12/30/sfist_interviews_a_direct-to-dvd_am.php 2011年9月16日閲覧。 
  9. ^ a b c Mai, Denise (2010年1月3日). “Alumna makes film debut”. Daily Bruin. http://dailybruin.com/2010/01/03/alumna-makes-film-debut/ 2011年9月16日閲覧。 
  10. ^ In the Spotlight”. Ray of Light Theatre. 2011年9月20日閲覧。
  11. ^ a b c Storm, Jonathan (2011年9月24日). “Jonathan Storm: Advice on how not to be one broke girl”. Philadelphia Inquirer. http://www.philly.com/philly/entertainment/130481778.html 2011年9月24日閲覧。 
  12. ^ Messeder, John (2010年12月21日). “‘Route 30, Too!’ filming ends”. Gettysburg Times. http://www.gettysburgtimes.com/news/local/article_13331c66-0d89-11e0-b52d-001cc4c002e0.html 2011年9月17日閲覧。 
  13. ^ Lash, Jolie (2011年9月19日). “Rising Star: '2 Broke Girls' Actress Beth Behrs”. Access Hollywood. 2011年9月19日閲覧。
  14. ^ “Kat Dennings, Beth Behrs go for broke on '2 Broke Girls'”. The Arizona Republic. Associated Press. (2011年9月15日). http://www.azcentral.com/ent/celeb/articles/2011/09/15/20110915kat-dennings-beth-behrs-go-broke-2-broke-girls.html 2011年9月16日閲覧。 
  15. ^ Korbelik, Jeff (2012年3月17日). “Jeff Korbelik: CBS renews 18; a few shows in limbo”. Lincoln Journal Star. http://journalstar.com/entertainment/small-screen/television-and-radio/jeff-korbelik-cbs-renews-a-few-shows-in-limbo/article_125fac3f-64b5-5702-bd1b-d30cd26d6a98.html 2012年4月7日閲覧。 
  16. ^ Braxton, Greg (2013年3月27日). “CBS renews 18 series; 'Two and a Half Men' may return for Season 11”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/tv/showtracker/la-et-st-cbs-renews-18-series-two-and-a-half-men-may-return-20130327,0,3111532.story 2013年3月27日閲覧。 
  17. ^ “Pay TV: Thursday, April 11”. The Sydney Morning Herald. (2013年4月8日). http://www.smh.com.au/entertainment/tv-guide/pay-tv-thursday-april-11-20130408-2hgua.html 2013年4月24日閲覧。 
  18. ^ Malkin, Marc (2013年3月4日). “ACM Awards 2013: Men of country dominate lineup”. E! Online. 2012年3月6日閲覧。
  19. ^ Rome, Emily (2013年4月16日). “Pixar's 'Monsters University': Nathan Fillion, more join voice cast”. Entertainment Weekly. 2013年4月23日閲覧。
  20. ^ Garcia, Jennifer (2012年10月8日). “One Last Thing: Beth Behrs”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20640598,00.html 2013年5月12日閲覧。 
  21. ^ The Argument with Beth Behrs & Michael Gladis”. Funny or Die. 2013年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]