ベストセレクション・博堂は風になった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベストセレクション・博堂は風になった
大塚博堂スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 渡辺音楽出版
テンプレートを表示

ベストセレクション・博堂は風になった』(ベストセレクション はくどうはかぜになった)は、2001年渡辺音楽出版から発売された大塚博堂のアルバム。大塚博堂没後20年を迎えて作られたベスト・アルバムである。それまでCD化されなかった東芝EMI時代の曲「私の愛は間違いじゃない」「センチメンタルな私小説」、ボーナストラックとして、大塚たけし時代の曲「風は知らない」、未発表曲「僕のママ」も収録している。

収録曲[編集]

  1. ダスティン・ホフマンになれなかったよ(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:惣領泰則
  2. 見送った季節のあとで(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:森岡賢一郎
  3. そんなにみつめちゃ歌えない(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内
  4. 小さな幸福でよければ(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:福井峻
  5. I'm a lonely man(作詞:松本隆 作曲:大塚博堂 編曲:馬飼野康二
  6. ハーバーライト(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:大村雅朗
  7. もう少しの居眠りを(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお
  8. 幸せですか(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:福井峻)
  9. 過ぎ去りし想い出は(作詞:大塚博堂 作曲:大塚博堂 編曲:森岡賢一郎)
  10. もう子供でも鳥でもないんだから(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  11. 娘をよろしく(作詞:広瀬俊夫 作曲:大塚博堂 編曲:森岡賢一郎)
  12. 旅でもしようか(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  13. めぐり逢い紡いで(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  14. 春は横顔(作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:チト河内
  15. 私の愛は間違いじゃない(作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:チト河内)※初CD化
  16. トマトジュースで追いかえすのかい(作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:チト河内)
  17. センチメンタルな私小説(作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:チト河内)※初CD化
  18. 風は知らない(作詞:山口あかり 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路)※初CD化 大塚たけし時代の曲
  19. 僕のママ (作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂)※未発表曲

初CD化について[編集]

CDの歌詞カードには、「小さな幸福でよければ」「ハーバーライト」「幸せですか」が初CD化と記してあるが、すでに1990年、および1994年に発売された復刻版CDでCD化されている。東芝EMI移籍後に出したアルバム『感傷』は、CD化されていない。しかし、「春は横顔」「私の愛は間違いじゃない」「トマトジュースで追いかえすのかい」「センチメンタルな私小説」の4曲のうち、「春は横顔」「トマトジュースで追いかえすのかい」の2曲は、1997年発売の『移りゆく時代 唇に詩〜阿久悠大全集〜」に収録され、すでにCD化されている。したがって、初CD化となったのは「私の愛は間違いじゃない」「センチメンタルな私小説」の2曲だけである。また、歌詞カードには「めぐり逢い紡いで」の編曲者が林哲司と書いてあるが、収録されているのは、あかのたちお編曲のものである。