ベクトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベクトル (数学)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベクトル: Vektor)またはベクター: vector

ベクトルは ドイツ語: Vektor に由来し、ベクター英語: vector に由来する。物理学などの自然科学の領域ではベクトル、プログラミングなどコンピュータ関係ではベクターと表記される、という傾向が見られることもある。また、技術文書などではしばしばJIS規格に準拠する形で[1]、長音を除いたベクタという表記が用いられる。

vector は「運ぶ」を意味するラテン語: vehere に由来し、18世紀の天文学者によってはじめて使われた[2]

ベクトルは通常の数(スカラー)と区別するために矢印を上に付けたり(例: )、太字で書いたりする(例: )が、分野によっては矢印も太字もせずに普通に書くこともある(主に解析学)。

ベクトル、あるいはベクターに関する記事と用法を以下に挙げる。

数理科学[編集]

数学[編集]

  • ベクトル空間線形性を持つ、すなわち和とスカラー倍を取る事ができる量。一般の(広い意味での)ベクトル。
  • 幾何ベクトル(空間ベクトル) - 幾何学的空間における、大きさ向きを持った
  • 数ベクトル - ある基底とそれに対する成分の組によって表わされたベクトル。
  • 一階のテンソル - 線形性を持つ作用する空間(テンソル)のうち階数が 1 であるもの。群を行列で表示したとき、数ベクトルとして表現される。幾何ベクトルは、幾何的な回転操作に対してベクトルとして振る舞う。
  • ベクトル積 - ベクトル同士の積の一種。演算子に × を用いるので、クロス積とも呼ばれる。また、外積に似た形式を持つので、ベクトルの外積とも呼ばれる。

物理[編集]

コンピュータ[編集]

数理科学以外の用例[編集]

  • 「空間における、大きさと向きを持った量」の意味から転じて一般的に、方向性、矛先などの意味でも使われる。例:好奇心のベクトルが伸びる。
  • 三井生命保険の商標「ザ・ベクトル」、またマスコットキャラクター「ベクトルくん」
  • セプティマ・ベクトル - 『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。ホグワーツの教職員の一人。

脚注[編集]

  1. ^ JIS Z8301:2008 付属書I(規定)数値・量記号・単位記号・式 G.6.2.2 英語の語尾に対応する長音符号の扱い b)表G.3より66/110ページJIS規格番号からJISを検索 Archived 2009年5月24日, at the Wayback Machine.
  2. ^ ダニエル・フライシュ; 河辺哲次訳 『物理のためのベクトルとテンソル』 岩波書店、2013年、1頁。ISBN 978-4-00-005965-7 

関連項目[編集]