ベクテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベクテル
Bechtel Corporation
市場情報 非上場
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 サンフランシスコ
設立 1898年
業種 総合建設業
事業内容 建築土木
代表者 en:Riley P. Bechtel (CEO)
総資産 314億ドル(2008年)
従業員数 約44000名(2009年)
外部リンク www.bechtel.com
テンプレートを表示

ベクテル (Bechtel Corporation ; Bechtel Group)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置き、総合建設業を営む多国籍企業石油コンビナート発電所ダム空港港湾などの建設を請け負う世界最大級の建設会社

創業者一族[編集]

非上場の同族会社であるので、しばしば関係者に関心が持たれる[1]

創業者ウォーレン・ベクテル(en:Warren A. Bechtel、1872年9月12日 – 1933年8月28日)は、オクラホマ州で牧場経営に失敗した後、1898年、急成長中であった鉄道産業の使用人として事業を開始した。それから20年間、ウエスタンパシフィック鉄道をはじめとして鉄道や高速道路建設を請け負った。1919年以降、共同事業者とともに高速道路・水道トンネル・ダムなどを建設した。

息子のステファンen:Stephen David Bechtel, Sr.(1900年9月24日- 1989年3月14日)、その子ステファン・ジュニアen:Stephen D. Bechtel, Jr.(1925年5月10日 – )を経て、創業者の曾孫ライリー・ベクテルen:Riley P. Bechtel(1953年 – )が現在の最高経営責任者を務めている。

会社の所有と経営はベクテル一族に担われており、ライリーやステファン・ジュニアはいずれも総資産30億ドル(2009年)を有するアメリカを代表する富豪の一人である。[2]

出身者・関連人物[編集]

沿革[編集]


主なメガプロジェクト[編集]

日本における事業展開[編集]


関連文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「これほどあからさまに一つの会社が大統領の権力と結びついたことは、いまだかつて例がない。ドワイト・D・アイゼンハワー以降、ベクテル社は国家のすべての最高責任者と密接に連携し続けてきた。1980年のロナルド・レーガンの大統領選挙運動で、ベクテル社は大口の寄付を行った。ディロン・リード社のピーター・フラニガンが中心的役割を果たした。シュルツとワインバーガーは1980年の春にレーガンを支持すると決めて、そこへベクテル社の顧問会議メンバーであるシティバンクのウォルター・リストンとピーボディ石炭社長のロバート・クエノンが参加した。ベクテル社副社長のケネス・デーヴィスは現在アメリカ合衆国エネルギー省のナンバー2だ。CIA長官のケーシーはプルタミナの合衆国代理人をやっているが、プルタミナはインドネシアの大手石油会社で、以前からベクテル社のお得意様だった。」
    Mother Jones Magazine 1984年6月号 p.16.
  2. ^ "The Forbes 400 Richest Americans 2009"
  3. ^ 広瀬隆 『ジキル博士のハイドを探せ データベース全地球取材報告』 1988年4月 (ダイヤモンド社) 296頁
  4. ^ リーマン・ブラザーズとの共同事業。
    Congressional Record 122巻18部 U.S. Government Printing Office, 1976
  5. ^ Historic Construction Projects
  6. ^ Bechtel has ties to Washington, and in Iraq New York Times, 2003
  7. ^ Bechtel in Iraq (PDF)
  8. ^ Bechtel and GE file arbitration over Dabhol Power Company Bechtel, 22 September 2003
  9. ^ Bechtel: Kuwait Reconstruction
  10. ^ Bechtel: Channel Tunnel
  11. ^ Bechtel: Hong Kong International Airport
  12. ^ Tengiz field expansion project awarded to Bechtel-Enka Joint Venture Alexander’s Gas & Oil Connections, 29 July 1997
  13. ^ Bechtel National team awarded $306m contract to design , build and operate chemical agent disposal facility in Maryland Bechtel, 6 October 1998
  14. ^ Intergen and Enka complete $1.5bn financing of major power plants in Turkey Businesswire, 28 September 2000
  15. ^ US official says Mayak Warhead storage facility to open in November Bellona, 19 June 2002
  16. ^ Ex-Im Bank to loan Bechtel $178m for Araucaria BN Americas, 8 October 2001
  17. ^ Joge Chávez International Airport (PDF)
  18. ^ Bechtel and Parsons Brinkerhoff reach settlement in Big Dig Bechtel, 23 January 2008
  19. ^ Ex-Im Bank finances $250m in US exports to build Croation highway Ex-Im Bank, 22 October 1998
  20. ^ Bechtel: Transformation of Oak Ridge
  21. ^ Albania Kosovo Highway Road Traffic Technology
  22. ^ Bechtel: New Doha International Airport
  23. ^ Oman Airports Management Committee
  24. ^ Bechtel drives a highway through the heart of Transylvania Der Spiegel, 1 August 2008
  25. ^ Dulles Transit Partners
  26. ^ 日本経済新聞1983年3月24日
  27. ^ 内閣府資料"特例措置対象プロジェクトにおける米国企業の受注実績(主なもの)"のキャッシュ2011年5月2日閲覧
  28. ^ 本山美彦『売られ続ける日本、買い漁るアメリカ 米国の対日改造プログラムと消える未来』ビジネス社、2006年3月、pp114-120
  29. ^ 中部国際空港株式会社旅客ターミナルビル新築工事の契約先について」2001年10月26日

外部リンク[編集]