ベガス・バケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベガス・バケーション
Vegas Vacation
監督 スティーヴン・ケスラー
脚本 エリザ・ベル
原案 エリザ・ベル
ボブ・ダクセイ
製作 ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮 マッティ・シモンズ
スーザン・イーキンス
出演者 チェビー・チェイス
ビヴァリー・ダンジェロ
音楽 ジョエル・マクニーリー
撮影 ウィリアム・A・フレイカー
編集 セス・フラウム
製作会社 ジェリー・ワイントローブ・プロ
ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年2月14日
日本の旗 1997年6月14日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $36,400,360[2]
前作 ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション
次作 お!バカんす家族
テンプレートを表示

ベガス・バケーション』(原題:Vegas Vacation)は、1997年制作のアメリカ合衆国コメディ映画チェビー・チェイス主演の“バケーション”シリーズ第4作目。

あらすじ[編集]

完璧なマイホーム・パパを自認するクラーク、妻のエレン、娘のオードリー、息子のラスティのグリスウォルド一家は、ラスベガスへ家族旅行にやってきた。

しかし、4人はそこで数々のレジャーを体験するうち、それぞれ別の誘惑に出遭い、それにはまってしまう。エレンはセクシーな歌声で人気の歌手ウェイン・ニュートンに口説かれてプロポーズされ、オードリーはダンサーとして働く親戚のヴィッキーに影響されて自分もダンサーを目指すようになり、セクシーな衣裳で怪しげなクラブで踊るように。また、ラスティは偽造したIDカードでチャレンジしたカジノで大儲けしたことから、ギャンブラーを目指すようになる。

そして、クラークはカジノで惨敗し、大量の借金を作ってしまう。そこで従弟のエディと再会したクラークは、お金とバラバラになりかけた家族の絆を取り戻すため、奮闘を開始する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]