ベアトリス1世 (ブルゴーニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベアトリス1世
ベアトリクス・フォン・ブルグント
Béatrice I / Beatrix von Burgund
ブルゴーニュ女伯
ローマ皇后
BeatrixBarbarossy.jpg
出生 1140年代
死去 1184年11月15日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、ジュー
埋葬  
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国シュパイアー大聖堂
配偶者 ローマ皇帝フリードリヒ1世
子女 一覧参照
父親 ブルゴーニュ伯ルノー3世
母親 アガタ・ド・ロレーヌ
テンプレートを表示

ベアトリス1世・ド・ブルゴーニュ(Béatrice (Ire) de Bourgogne, 1140年代 - 1184年11月15日)は、ブルゴーニュ女伯(在位:1148年 - 1184年)、ローマ皇帝フリードリヒ1世の2番目の妃。

生涯[編集]

ブルゴーニュ伯ルノー3世と妃アガタ(ロレーヌ公シモン1世の娘)の間の唯一の子供で、父の死により幼くして伯位を継いだ。また、1156年にローマ皇帝フリードリヒ1世と結婚した。ドイツ名はベアトリクス・フォン・ブルグント(Beatrix von Burgund)。この結婚により、ブルゴーニュ伯領はその後ホーエンシュタウフェン家領となった。

ベアトリスはフリードリヒ1世との間に多くの子をもうけた。

  • ゾフィー(1161年 - 1187年)
  • ベアトリクス(1162年 - 1174年)
  • フリードリヒ(1164年 - 1170年) - シュヴァーベン公
  • ハインリヒ(1165年 - 1197年) - ローマ皇帝(6世)
  • コンラート(1167年 - 1191年)
  • オットー(オトン、1170年 - 1200年) - ブルゴーニュ伯
  • コンラート(1172年 - 1196年) - シュヴァーベン公
  • レナート(1173年 - ?)
  • ヴィルヘルム(1176年 - ?)
  • フィリップ(1178年 - 1208年) ドイツ王
  • アグネス(1181年 - 1184年)
先代:
ルノー3世
ブルゴーニュ女伯
1148年 - 1184年
1156年から
フリードリヒ1世と共同統治
次代:
フリードリヒ1世
(ローマ皇帝)