ベアトリスとベネディクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルリオーズの最後の写真(1868年)

ベアトリスとベネディクト』(Béatrice et Bénédict )は、エクトル・ベルリオーズが作曲した2幕からなるオペラ1860年から1862年にかけて作曲され、ベルリオーズが最後に完成した大作となった(この作品の後に書かれたのは2、3の声楽曲のみである)。「シェイクスピア風のオペラ」(Opéra imité de Shakespeare )と銘打っており、シェイクスピア戯曲空騒ぎ』を原作としてベルリオーズ自身がフランス語リブレットを書いた。

作曲と初演[編集]

1860年の夏、ベルリオーズはバーデン=バーデンの音楽祭に赴いた際、音楽祭の主催者で同地のカジノの支配人であったエドゥアール・ベナツェから、新たに建設される劇場のための短いオペラの作曲を依頼された。ベルリオーズはこの依頼を受けると、ローマ留学を終えて間もない1833年に着想したもののそれきりになっていた『空騒ぎ』のオペラ化を実現することに決め、パリへ戻るとただちに作曲に取りかかった。持病や評論の仕事、オペラ『トロイアの人々』の上演交渉などで作曲はしばしば中断したが、約1年半後の1862年2月に完成した。

初演は1862年8月9日、バーデン=バーデンの新劇場で、ベルリオーズ自身の指揮によって行われた。パリの初演はベルリオーズの死後、1890年のことになった。

作品の概要と評価[編集]

ベルリオーズは5幕17場の原作『空騒ぎ』から題材を厳選して、プロットや構成の単純な序曲と2幕2場の小規模なオペラを作っている[1]。『ベアトリスとベネディクト』はベルリオーズの辛辣な機知と健全なユーモアを実証するものである[2]。微妙な心理の駆け引きを交わす恋人たちの若々しい輝きに縁取られたこの音楽は、繊細な味わいとみずみずしさ、それにきらめく陽気さを備えている[3]

『ロマン派の音楽』を著したR.M. ロンイアーによれば『ベアトリスとベネディクト』は「彼の最後のオペラであるが、最良の伝統における器用なオペラ・コミックでり、舞台の限界に最も良く適応したベルリオーズのオペラである。音楽での別れの挨拶として、これはヴェルディの『ファルスタッフ』に比すべきものであり、やさしく、なぞめいたユーモアをもつ傑作としてベートーヴェンの作品135(第16番)の四重奏曲の最終楽章にも匹敵するものである」[4]

ベルリオーズが芸術的に最も影響を受けたのは、作曲家というよりもシェイクスピアであったと思われるが、その影響を直接的に表した作品とも考えられる。ロマン主義はしばしば虚無主義に行き着くと言われる。フランス・ロマン主義音楽を代表するベルリオーズであるが、恋愛に苦しみ続け、社会から孤立し打ちひしがれた晩年の虚無的な心境を表している。

時代に先行したため、同時代人の無理解に苦しんだベルリオーズのオペラであるが、21世紀に至って上演回数は英語圏を中心に増加している。

上演状況[編集]

主な上演記録[編集]

  • 1991年9月、ビエンナール・ド・ラ・ミュジック・フランセーズ、モーリス・ラヴェル・オーディトリアム、リヨン歌劇場管弦楽団&合唱団、演出:ピエール・バラ、指揮:ジョン・ネルソン、歌手:エレーヌ・ペラギン(ベアトリス)、ダニエル・ボルスト(エロー)、ジャン=リュック・ヴィアラ(ベネディクト)、キャサリン・ロビン(ユルシュール)、トマ・テリュル(クラウディオ)、ピエール・トウ(ドン・ペドロ)。このプロダクションはトゥールーズ歌劇場およびナント歌劇場との共同制作で、パリでもコンサート形式ながら上演され、ライヴ録音もされCD発売。
  • 1994年9月、カーディフ・ニュー・シアター、ウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団および合唱団、演出:エリヤ・モシンスキー、指揮:ジョン・ネルソン、歌手:サラ・フルゴーニ(ベアトリス)、レベッカ・エヴァンズ(エロー)、ドナルド・カーシュ(ベネディクト)、スティーヴン・リチャードソン(ドン・ペドロ)[14]
  • 2003年4月、ゲルゼンキルヒェン劇場、大ホール、新ウェストファーレン・フィリハーモニー、ゲルゼンキルヒェン歌劇場合唱団、指揮:サムエル・ベヒリ、演出:インモ・カラマン、歌手:アンケ・ジーロフ/マリー・ベル・サンディス(ベアトリス)、レジー・ハーマン/ノリコ・オガワ・ヤタケ(エロー)、マーク・アドラー(ベネディクト)、エリン・カーヴェス/ナイル・オルフェ(クラウディオ)、ニコライ・カーノルスキー(ドン・ペドロ)。
  • 2003年12月14日、プラハ国立歌劇場、プラハ国立歌劇場管弦楽団および合唱団、演出:フランソワ・テローヌ、指揮:ヴァンサン・モンテイユ、歌手:パウラ・ヴィコパロヴァ(ベアトリス)、リュドミラ・ヴェルネローヴァ(エロー)、トマシュ・チェルニー(ベネディクト)、マルティン・ヴァルタ(クラウディオ)、イーヴォ・フラコヴェック(ドン・ペドロ)。
  • 2004年12月、サンタフェ・オペラ、演出:ティム・オルベリー、指揮:ケネス・モンゴメリー、歌手:ユードラ・ブラウン(ベアトリス)、セレーナ・シェーファー(エロー)、ウィリアム・バーデン(ベネディクト)、ジル・グロ-ヴ(ユルシュール)、英語上演[15]
  • 2005年3月、4月、ライン国立オペラ(ストラスブール)、ラ・フィラチュール(ミュルーズ)、演出:ジャン=マリー・ヴィレジエ、ジョナサン・ドゥヴェルガー、指揮:シリル・ディードリッシュ、歌手:カリーヌ・デエ(ベアトリス)、モニク・ザネッティ(エロー)、ジル・ラゴン(ベネディクト)、ジェローム・ヴァルニエ(ドン・ペドロ)、ボルドー歌劇場およびローザンヌ・オペラとの共同制作。
  • 2007年1月、2月、アウグスブルグ劇場、アウグスブルグ劇場管弦楽団および合唱団、制作:ジャスミン・ソルファガリ、指揮:ヘンリク・ナナシ、歌手:カトリン・コッシュ(ベアトリス)、ペーター・ベルンハルト(ベネディクト)、グレッグ・リエルソン(ドン・ペドロ)、シュテファニー・クンシュケ(エロー)、マヌエル・ヴィンケ(クラウディオ)。
  • 2007年6月、シカゴ歌劇場、シカゴ・リリック・オペラ、演出:ニコラ・ラアブ、指揮:ジャン・レイサム=ケーニック、歌手:サンドラ・ピケス・エディ(ベアトリス)、リナート・モリア(エロー)、ジョセフ・カイザー(ベネディクト)、マシュー・ウォース(クラウディオ)、ジョシュア・ブルーム(ドン・ペドロ)。フランス語上演。
  • 2007年6月、ミュンスター劇場、制作:ウォルフガング・ケテス、指揮:トルシュテン・シュミット・カプフェンブルグ、歌手:ユディット・ゲンリッヒ(ベアトリス)、ユリア・ノイマン(エロー)、ジェームズ・マクリーン(ベネディクト)、マチアス・カスパリ(クラウディオ)、ヨハネス・パウル・キンドラー(ドン・ペドロ)。
  • 2008年11月、ブラウン・シアター、ヒューストン・グランド・オペラ管弦楽団&合唱団、演出:ロビン・テブット、指揮:ミヒャエル・ホフステッター、歌手:ジョイス・ディドナート(ベアトリス)、アイリシュ・タイナン(エロー)、ノーマン・ラインハルト(ベネディクト)、リーアム・ボナー(クラウディオ)、ライアン・マッキニー(ドン・ペドロ)、英語での上演。
  • 2011年11月、カトラー・マジェスティック劇場、ボストン・オペラ、演出:デイヴィッド・ニース、指揮:ジル・ローズ、歌手:サンドラ・ピケス・エディ(ベアトリス)、アマンダ・フォーサイス(エロー)。
  • 2011年11月21、23、25、28日、サー・ジャック・シアター、ロンドン、ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック、ロイヤル・アカデミー・オペラ合唱団およびロイヤル・アカデミー・シンフォニア、演出:ジョン・コプリー、演出:コリン・デイヴィス、ジェーン・グラヴァー(28日)、歌手:ケイティ・ブレイ(ベアトリス)、サミュエル・ファーナンス(ベネディクト)、ナタリー・シャルキー(エロー)、ガレス・ジョン(クラウディオ)、ジョン・オーウェン・マイリー=リード(ドン・ペドロ)。
  • 2013年3月、ヴァイマール国民劇場(ヴァイマール)、シュターツカペレ・ヴァイマール、制作:ガブリエーレ・ヴィースミュラー、指揮:ベンヤミン・シュヴァルツ、歌手:ウルリカ・シュトレームシュテット(ベアトリス)、エリーザベト・ヴィンマー/マリー・バーチャード(エロー)、エリック・フェネル/ペーター・ポスニアック(ベネディクト)、セバスティアン・カンピオーネ(ドン・ペドロ)。
  • 2015年7月/8月、ラッコ城(スウェーデン)、演出:カタリーナ・グノスペリウス、指揮:サイモン・フィップス、歌手:メッテ・ビエラング(ベアトリス)、マグダレーナ・リスベルグ(エロー)、カール・ロンボ(ベネディクト)、トーマス・セップ(クラウディオ)、シュタファン・リアス(ドン・ペドロ)。
  • 2016年1月〜4月、、ルツェルン劇場(ルツェルン)、演出:ベアトリス・ラショセー、指揮:ボリス・シェーファー、ルツェルン交響楽団およびルツェルン劇場合唱団、歌手:ユッタ・ブーネルト(ベアトリス)、カルラ・マフィオレッティ(エロー)、ウツク・クツルク(ベネディクト)、トッド・ボイス(クラウディオ)、フルリン・カドゥフ(ドン・ペドロ)[18]

編成[編集]

フルート2(ピッコロ1持ち替え)、オーボエ2(コーラングレ1持ち替え)、クラリネット2、ファゴット2、ヴァルヴホルン2、ナチュラルホルン2、ヴァルヴトランペット2、コルネット1、トロンボーン3、ティンパニ大太鼓シンバルタンブリンギターハープ2、弦五部

登場人物[編集]

アルフレッド・エルモアによる 『空騒ぎ
  • ドン・ペドロ:シチリア軍の司令官(バス
  • クラウディオ:司令官の副官(バリトン
  • ベネディクト:シチリア軍の将校、クラウディオの友人(テノール
  • レオナート:メッシーナの総督(語り)
  • エロー:レオナートの娘(ソプラノ
  • ベアトリス:レオナートの姪(ソプラノ)
  • ソマローネ:楽長(バス)
  • ユルシュール:エローの侍女(メゾソプラノ
  • 使者
  • 書記
  • 召使(2名)
  • 楽師たち
  • 合唱:混声6部合唱(ソプラノ2部、テノール2部、バス2部)
  • シチリアの人々、総督の宮殿の紳士淑女

あらすじ[編集]

第1幕 メッシーナ総督の宮殿の庭[編集]

アラゴンの王子であるドン・ペドロはムーア人に対する軍事的勝利し、シチリア島全島をあげての祝祭ムードで彼の帰還を待っている。その勝利の後、ドン・ペドロはメッシーナを訪問しているのである。彼は二人の友人や仲間の兵士であるクラウディオとベネディクトと一緒である。ドン・ペドロ達はメッシーナの知事であるレオナートと彼の娘エロー、姪のベアトリスとによりに出迎えられている。

エローは婚約であるクラウディオの無事と彼の活躍への報酬を伴った帰還を待っている。ベアトリスはベネディクトにいろいろ話を聞いたり、「ベネディクトの功績の前にはアレキサンダー大王やシーザーの偉業もかすむわね」などと嘲ったりする。彼らは以前会っている間柄なのだが、お互い侮辱し合い、なじり合う。ベネディクトは自分が結婚しないことを彼の友人に誓う。その後、クラウディオとドン・ペドロはベネディクトをだましてベアトリスと結婚させることを企む。レオナートは、話がベネディクトに聞かれていることを知りつつ、ベアトリスがベネディクトを愛していることをペドロに保証する。それを聞いたベネディクトはベアトリスの愛が報われない結末にしてはならないと考え、そのため、彼は彼女にアプローチすることを決心する。ベアトリスに愛されていると聞かされ、舞い上がったベネディクトはロンド「彼女を愛そう」を歌う。

一方、別の場所では、エローと彼女の付き人であるユルシュールは、ベネディクトは今密かにベアトリスと恋していると思わせ、ベアトリスに同様の罠にはめることを企む。エローはクラウディオと一緒になれる幸せに感動し、ユルシュールと女声2重奏の美しいノクチュルヌ「澄み切った静かな夜よ」を歌って幕となる。

第2幕 メッシーナ総督の宮殿の広間[編集]

レオナートは棚上げになっていたエローとクラウディオの結婚を祝うために、仮面舞踏会を開催する。宮廷楽師であるソマローネが夜の結婚式のために皆に合唱の指導をしている。人々のさざめきの中で、ソマローネは即興の歌「シラクサのワイン」を歌う。自分がベネディクトに恋してしまったことに気付いたベアトリス以外は皆、各々に楽しんでいる。ここで、ベアトリスがアリア「ああ、何ということを聞いてしまったのかしら」を歌う。エローはユルシュールを伴って、結婚しようとしている花嫁の幸せを歌っている。

ベネディクトが現れ、ベアトリスと会話を交わすが、お互い自らの愛情を隠し、素直に表現できない。やがて公証人が現れ、クラウディオとエローの厳かな結婚式を挙げる。そして、レオナートは計画した通り、ここには別のもう一組のカップルがいるはずだから、前方に来るようにと求める。ベネディクトはベアトリスに彼の愛を宣言するために勇気を奮い起こす。二人はお互いが全く愛していないことを確認し合い、結婚するのはただ同情と憐みからお情けで結婚してやるという強い気持ちを伝える。二人は結婚式の契約に署名し、「結婚した男、ベネディクトここにあり」と剽軽な悲痛さを帯びた皮肉な歌が大合唱される。

ドラマは「今日は休戦に署名しよう、明日は再び敵になるでしょう」の言葉で終わる。

上演時間[編集]

序曲と第1幕:約64分、第2幕:約36分。計:約1時間40分。

録音・録画[編集]

指揮者 管弦楽団・合唱団 配役 録音年 レーベル 備考
コリン・デイヴィス ロンドン交響楽団
ザ・セント・アンソニー・シンガーズ
ジョン・ミッチンソン
ジョゼフィン・ヴィージー
ヘレン・ワッツ
ジョン・キャメロン
ジョン・シャーリー=カーク
1962 L'Oiseau-lyre 会話部分無し、ナレーション無し
コリン・デイヴィス ロンドン交響楽団
ジョン・オールディス合唱団
ロバート・ティアー
ジャネット・ベイカー
ヘレン・ワッツ
トーマス・アレン
ロバート・ロイド
ジュール・バスタン 他
1969 フィリップス 会話部分あり、ナレーション無し
ダニエル・バレンボイム パリ管弦楽団
パリ管弦楽団合唱団
プラシド・ドミンゴ
イヴォン・ミントン
ロジェ・ソワイエ
イレアナ・コトルバス
ナディーヌ・ドニーズ
ジョン・マカーディ
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
1981 DG 会話部分無しだが、フランス語のナレーション付き
ジョン・ネルソン リヨン歌劇場管弦楽団&合唱団 ジャン=リュック・ヴィアラ
スーザン・グラハム
ジル・カシュマイユ
キャサリン・ロビン
シルヴィア・マクネアー
ガブリエル・バキエ
ヴァンサン・ル・テキシエ
フィリップ・マニャン
1991 Erato 会話部分有り、フランス語のナレーション付き、全曲盤
コリン・デイヴィス ロンドン交響楽団
ロンドン・シンフォニー合唱団
エンケレージャ・シュコーサ
ケネス・ターヴァー
スーザン・グリットン
サラ・ミンガルド
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソンロラン・ナウリ
ディーン・ロビンソン 他
2000 LSO Live 会話部分無し、ナレーション無し
アントネッロ・マナコルダ ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
グラインドボーン合唱団
ステファニー・ドゥストラック
ポール・アップルビー
ゾフィー・カルトホイザー
カテリーナ・ブラディック
フィリップ・スライ
リオネル・ロート
フレデリック・カトン 他
2016 Opus Arte *classic* 演出・衣装:ロラン・ペリー
グラインドボーン音楽祭でのライヴ録画
特典映像『ベアトリスとベネディクト:傑作の再発見』

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー19 ベルリオーズ』(音楽之友社
  • 全曲録音盤(エラート社、ジョン・ネルソン指揮リヨン歌劇場管弦楽団・合唱団他)解説書
  • 『オペラ名曲百科 上 増補版 イタリア・フランス・スペイン・ブラジル編』 永竹由幸(著),音楽之友社ISBN 4-276-00311-3
  • Mémoires, Hector Berlioz; Flammarion; (first edition: 1991) (ISBN 2082125394)
  • 『ロマン派の音楽 (プレンティスホール音楽史シリーズ) 』 R.M. ロンイアー (著)、村井 範子 (訳)、佐藤馨 (訳)、松前紀男 (訳)、藤江効子 (訳)、東海大学出版会(ISBN-10: 4486009185)
  • 『オペラ史(下) 』D.J. グラウト(Donald Jay Grout) (著)、‎ 服部幸三(訳) 音楽之友社(ISBN-13: 978-4276113718)
  • 『ベルリオーズとその時代 (大作曲家とその時代シリーズ)』 ヴォルフガング・デームリング(著)、‎ 池上純一(訳)、西村書店(ISBN-10: 4890135103)
  • 『新グローヴ オペラ事典』 白水社(ISBN-13: 978-4560026632)
  • 『フランス・オペラの魅惑 舞台芸術論のための覚え書き』澤田 肇 (著)、出版社: ぎょうせい (ISBN-13: 978-4324094037)
  • 『ラルース世界音楽事典』 福武書店
  • 『不滅の大作曲家 ベルリオーズ』音楽之友社、シュザンヌ・ドゥマルケ(著)
  • 『オペラハウスは狂気の館-19世紀オペラの社会史』 ミヒャエル・ヴァルター(著)、小山田豊(訳) 春秋社ISBN 4-3939-3012-6
  • 『シェイクスピアのオペラを楽しもう』福尾芳昭 (著) ,音楽之友社 (ISBN-10: 4276210542)

外部リンク[編集]