ベアトリクス・フォン・ルクセンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベアトリクス・フォン・ルクセンブルク
Beatrix von Luxemburg
ハンガリー王妃
出生 1305年
死去 1319年11月11日
ハンガリーティミショアラ
埋葬  
ナジヴァーラド大聖堂
配偶者 ハンガリーカーロイ1世
父親 神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世
母親 マルガレーテ・フォン・ブラバント
テンプレートを表示

ベアトリクス・フォン・ルクセンブルク:Beatrix von Luxemburg, 1305年 - 1319年11月11日)は、ルクセンブルク家神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世と皇后マルガレーテ・フォン・ブラバントの末娘で、ハンガリー王カーロイ1世の王妃。ハンガリー名もベアトリクス(Luxemburgi Beatrix)。兄にボヘミア王ヨハン、姉にフランス王シャルル4世の王妃マリーがいる。神聖ローマ皇帝兼ボヘミア王カール4世の叔母にあたる。

1318年にカーロイ1世の2番目の王妃となった。カーロイ1世は最初の王妃マーリアとの間に2女をもうけた後、前年の1317年に死別していた。

ベアトリクスは結婚の翌年、1319年に産褥で母子ともに死去した。翌1320年にカーロイ1世は3番目の妃エルジェーベトを迎え、彼女との間にはラヨシュ1世ら5人の男子をもうけた。

のちに甥カール4世の子のうち、マルガレーテがラヨシュ1世の王妃になり、またジギスムントがラヨシュの娘マーリア女王と結婚して自身もハンガリー王となっている。