ヘンリー・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘンリー・ローズ
Henry Lawes
生誕 1595年12月5日
イングランドの旗 イングランド、ディントン
出身地 イングランドの旗 イングランド
死没 (1662-10-21) 1662年10月21日(66歳没)
イングランドの旗 イングランド、ロンドン
職業 作曲家

ヘンリー・ローズHenry Lawes, 1595年12月5日 - 1662年10月21日)は、イングランド音楽家作曲家

ローズはウィルトシャーのディントン(en:Dinton, Wiltshire)で生まれ、当時の有名な作曲家、ジョン・コプラリオことジョン・クーパーの下で音楽の勉強をした。1626年、「チャペル・ロイヤルのジェントルマン(Gentlemen of the Chapel Royal)」に選ばれ、イングランド共和国教会音楽をやめさせるまで、その地位にあった。しかしその後もローズは作曲家としての仕事を続け、1653年には有名な声楽曲集『Ayres and Dialogues for One, Two and Three Voyces(1声、2声、3声のためのエアーとディアローグ)』を、さらに同じタイトルでもう2冊、1655年1658年に出版した。1660年イングランド王政復古でローズはチャペル・ロイヤルに復職し、チャールズ2世戴冠式のためのアンセムを作曲した。ローズは死後ウェストミンスター寺院に埋葬された。

ローズの名前が音楽界を越えて広く知られるようになったのは、友人のジョン・ミルトンのおかげである。ローズはミルトン作の仮面劇『コーマス(Comus)』のための劇付随音楽を作曲し、それは1634年に初演された。ミルトンはその御礼に、有名なソネットで友人ローズの名を不滅のものにした。ミルトンはその中でローズのすばらしい長所を叙述した。ちなみにミルトンの音楽に対する理解は、詩人の中でも非凡なものがあった。詩の中の言葉に対する繊細な注意、言葉から自然に育ったように見える曲の様式、韻律のアクセントと曲との完璧な一致——そのことから、ローズの歌曲をロベルト・シューマンのレベルにあると見なす者もいる。ローズは本物の旋律の発明の才に欠けていなかったと同時に、合唱用に編曲されたものも対位法の熟練した使い方を示している。

弟のウィリアム・ローズも同じく作曲家である。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]