ヘンリー・バルフォア・ガーディナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンリー・バルフォア・ガーディナーHenry Balfour Gardiner, 1877年 - 1950年)はイギリス作曲家・音楽教師。短期間ウィンチェスター・カレッジで教鞭を執り、イングランド民俗音楽を蒐集した。非常に限られた数の作品しか残していない。

最も優れた作品は、分厚い和音をもつ濃厚でロマンティックな《夕べの讃歌Evening Hymn 》で、これはイギリスの合唱曲の古典的なレパートリーとみなされている。今でもこの曲は、聖公会では晩禱におけるアンセムとして定期的に演奏される。

後半生においては公的な音楽活動から身を退き、ドーセットの農場で植林事業に没頭した。著名な指揮者ジョン・エリオット・ガーディナーの大叔父であり、現在ドーセットの農場は、この指揮者に管理されている。