ヘンリー・ハワード (第13代ノーフォーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第13代ノーフォーク公爵
ヘンリー・フィッツアラン=ハワード
Henry Fitzalan-Howard
13th Duke of Norfolk
Henry Charles Howard, 13th Duke of Norfolk.jpg
生年月日 1791年8月12日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 イングランドメイフェアハノーヴァー・スクウェア英語版ジョージ・ストリート
没年月日 (1856-02-18) 1856年2月18日(64歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドサセックスアランデルアランデル城
所属政党 ホイッグ党
称号 第13代ノーフォーク公爵、、第31代アランデル伯爵、第14代サリー伯爵、第11代ノーフォーク伯爵、第11代フィッツアラン=クラン=オズワルデスタ男爵、第21代マルトレイヴァース男爵ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 シャーロッテ英語版
親族 第12代ノーフォーク公爵(父)
第14代ノーフォーク公爵(長男)
初代グロソップのハワード男爵英語版(次男)

内閣 第二次メルバーン子爵内閣
在任期間 1837年7月 - 1841年6月

内閣 第二次メルバーン子爵内閣
在任期間 1841年7月 - 1841年9月

在任期間 1842年3月16日 - 1856年2月18日

内閣 第一次ジョン・ラッセル卿内閣
在任期間 1846年7月 - 1852年2月

内閣 アバディーン伯爵内閣
在任期間 1853年1月 - 1854年1月

その他の職歴
イギリスの旗 庶民院議員
1829年5月4日 - 1832年12月11日[1]、1832年 - 1841年
イギリスの旗 貴族院議員
1841年8月 - 1856年2月18日
テンプレートを表示

第13代ノーフォーク公爵ヘンリー・チャールズ・ハワード: Henry Charles Howard, 13th Duke of Norfolk, KG, PC1791年8月12日 - 1856年2月18日)は、イギリスの貴族、政治家。

父が爵位を継承した1815年から自身が爵位を継承する1842年までアランデル・サリー伯爵の儀礼称号を使用した。

経歴[編集]

1791年8月12日、後に第12代ノーフォーク公爵を継承するバーナード・ハワードとその妻エリザベス(第2代フォーコンバーグ伯爵英語版ヘンリー・ベラシズ英語版の娘)としてハノーヴァー・スクウェア英語版のジョージ・ストリートに生まれる[2]。彼の両親は1794年に離婚した[2]

1829年から1832年にかけてホーシャム選挙区英語版から選出されて庶民院議員になる。ついで1832年から1841年にかけてウェスト・サセックス選挙区英語版から選出される。忠実なホイッグ党議員であった[2]

1837年7月から1841年6月にかけて第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム内閣の王室家計長官英語版を務めた[2]。また枢密顧問官に列した[2]

1841年8月には繰上勅書で第21代マルトレイヴァース男爵として貴族院入りした,[3][2]。同年7月から9月にかけて女王警護ヨーマン隊長(貴族院与党院内副幹事長)を務めた[2]

1842年3月16日に父の死去により第13代ノーフォーク公爵を継承した[2]

1846年7月から1852年2月まで第一次ジョン・ラッセル卿内閣の主馬頭英語版を務めた[2]1851年にホイッグ党首相ジョン・ラッセル卿の主導で制定された反カトリック的な聖職者称号法英語版を支持したことで、カトリック教会と敵対することになり、彼がカトリックであるのはほとんど名目上のこととなった。しかし死の直前にカトリック教会と和解したという[2]

1853年1月から1854年1月にかけては第4代アバディーン伯爵英語版ジョージ・ハミルトン=ゴードン内閣で王室家政長官英語版を務めた[2]

1856年2月18日アランデル城において死去した[2]。ノーフォーク公爵位は長男ヘンリーが継承した。また次男エドワード英語版は後にグロソップのハワード男爵に叙された。

栄典[編集]

爵位[編集]

1841年8月16日繰上勅書により父の保有爵位のうち以下の爵位を継承[4][5]

1842年3月16日に父バーナード・ハワードの死去により以下の爵位を継承[4][5]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

1814年シャーロット・ルーソン=ゴア英語版(初代サザーランド公爵ジョージ・ルーソン=ゴアの娘)と結婚し、彼女との間に以下の5子を儲けた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ UK Parliament. “Mr Henry Fitzalan-Howard” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m DNB
  3. ^ "No. 20007". The London Gazette (英語). 13 August 1841. p. 2072.
  4. ^ a b c Lundy, Darryl. “Henry Charles Howard, 13th Duke of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2014年11月18日閲覧。
  5. ^ a b Heraldic Media Limited. “Norfolk, Duke of (E, 1483)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2011年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月1日閲覧。
  6. ^ "No. 20853". The London Gazette (英語). 5 May 1848. p. 1745.
  7. ^ "No. 19524". The London Gazette (英語). 21 July 1837. p. 1874.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ロバート・ハースト英語版
ニコラス・リドリー=コルバーン英語版
ホーシャム選挙区英語版選出庶民院議員
1829年 - 1832年英語版
同一選挙区同時当選者
ニコラス・リドリー=コルバーン英語版
次代:
ロバート・ヘンリー・ハースト英語版
新設 ウェスト・サセックス選挙区英語版
1832年英語版 - 1841年英語版
同一選挙区同時当選者
ジョン・レノックス卿英語版
次代:
チャールズ・ウィンダム英語版
マーチ伯爵
公職
先代:
サー・ウィリアム・フレマントル英語版
王室家計長官英語版
1837年 - 1841年
次代:
ジョージ・ビング閣下英語版
先代:
第3代イルチェスター伯爵英語版
女王警護ヨーマン隊長
(貴族院与党院内副幹事長)

1841年
次代:
第7代ロジアン侯爵英語版
先代:
第12代ノーフォーク公爵
軍務伯
1842年1856年
次代:
第14代ノーフォーク公爵
先代:
第5代ジャージー伯爵英語版
主馬頭英語版
1846年 - 1852年
次代:
第5代ジャージー伯爵英語版
先代:
第4代モントローズ公爵英語版
王室家政長官英語版
1853年 - 1854年
次代:
第4代スペンサー伯爵
イングランドの爵位
先代:
バーナード・ハワード
第13代ノーフォーク公爵
1842年 - 1856年
次代:
ヘンリー・フィッツアラン=ハワード
第21代マルトレイヴァース男爵
(繰上勅書により父存命中に襲爵)

1841年 - 1856年