ヘンリー・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘンリー・シュルツ
シカゴ学派
生誕 (1893-09-04) 1893年9月4日
ロシア帝国(現在のベラルーシ), Szarkowszczyzna
死没 (1938-11-26) 1938年11月26日(45歳没)
カリフォルニア州, サンディエゴ近郊
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 シカゴ大学
研究分野 経済学
統計学
計量経済学
母校 ニューヨーク市立大学
LSE
コロンビア大学
影響を
受けた人物
カール・ピアソン
論敵  
影響を
与えた人物
ハーバート・サイモン
セオドア・インテマ
ミルトン・フリードマン
実績 需要の理論と測定
テンプレートを表示

ヘンリー・シュルツ(Henry Schultz、1893年9月4日 - 1938年11月26日)は、ロシア帝国(現在のベラルーシ)でポーランド系に生まれ、のち家族とともにアメリカに転居し、アメリカで活躍した経済学者統計学者である。計量経済学会の創始者の1人である。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 計量経済学会の創始者の1人である。
  • この頃、シカゴ大学にいたオスカル・ランゲ、ヘンリー・シュルツ、ポール・H・ダグラスの3人が「数学トリオ」と呼ばれることがあった。
  • 1920年代にシカゴ大学で始まったプロジェクトの中心は、需要や消費の関数を統計的に分析することであった。彼は、砂糖、トウモロコシなど諸種について商品関数のために民間需要の理論と推定を行った。その集大成である『需要の理論と測定』という本は、亡くなる直前に完成された。

影響と遺産[編集]

主要著作[編集]

  • "Elasticity of Demand and the Coefficient of Correlation", 1923, QJE
  • "An Extension of the Method of Moments", 1925, JASA
  • "Theoretical Considerations Relating to Supply", 1927, JPE.
  • "Mathematical Economics and the Quantitative Method", 1927, JPE.
  • Statistical Laws of Demand and Supply with Special Application to Sugar, 1928.
  • "Rational Economics", 1928, AER
  • "Marginal Productivity and the General Pricing Process", 1929, JPE.
  • The Meaning of Statistical Demand Curves, 1930.
  • "The Standard Error of a Forecast from a Curve", 1930, JASA.
  • "The Italian School of Mathematical Economics", 1931, JPE
  • "Frisch on the Measurement of Utility", 1933, JPE.
  • "The Standard Error of the Coefficient of Elasticity of Demand", 1933, JASA.
  • "A Comparison of Elasticities of Demand Obtained by Different Methods", 1933, Econometrica.
  • "Interrelations of Demand", 1933, JPE.
  • "Interrelations of Demand, Price and Income", 1935, JPE.
  • "Review of Leon Walras", 1937, JPE.
  • "The Quantitative Method with Special Reference to Economic Inquiry", 1938, Cowles Fourth Annual Research Conference
  • The Theory and Measurement of Demand, 1938.
  • "A Misunderstanding in Index Theory: The true Konus condition on cost-of-living index numbers and its limitations", 1939, Econometrica