ヘンリー・シドニー (ロムニー伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロムニー伯ヘンリー・シドニー

ロムニー伯ヘンリー・シドニー(Henry Sydney(Sidney), Earl of Romney, PC, 1641年4月8日 - 1704年4月8日)は、イギリスの貴族・軍人。レスター伯ロバート・シドニーノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーの娘ドロシーの息子。兄にレスター伯フィリップ・シドニーアルジャーノン・シドニー、姉にサンダーランド伯ヘンリー・スペンサーの妻ドロシーがおり、サンダーランド伯ロバート・スペンサーは甥に当たる。

1679年議会に入り、同年にオランダを訪問してウィレム3世(後のウィリアム3世)に接触して親密な関係を築いたが、1683年ライハウス陰謀事件で兄のアルジャーノンが処刑されてからはイングランドとオランダとの間を行き来してイングランド貴族の支持者を増やしていった。

1688年6月、シュルーズベリー伯チャールズ・タルボットデヴォンシャー伯ウィリアム・キャヴェンディッシュ、ダンビー伯トマス・オズボーン、ラムリー男爵リチャード・ラムリー、ロンドン主教ヘンリー・コンプトンエドワード・ラッセルら6人の貴族と共にウィレム3世への招聘状を書いた後にオランダへ渡海、11月にオランダ軍と共にイングランドへ上陸してジェームズ2世を追放して名誉革命を成し遂げた。翌1689年にウィリアム3世・メアリー2世夫妻が即位、恩賞としてシドニー子爵に叙爵されて枢密院に入り第1近衛歩兵連隊隊長に任命された。

ウィリアマイト戦争でウィリアム3世に従軍して1690年ボイン川の戦いに参戦、同年にハーグへ特使として派遣され、1691年五港長官1692年から1693年までアイルランド総督に任じられ、1693年に兵站部総監(en)に任命、1694年ホイッグ党ジャントー)政権に加わりロムニー伯爵に叙爵されるなど厚遇された。しかし、1702年にウィリアム3世が死去、アンの治世では兵站部総監を解任、五港長官をアンの夫のカンバーランド公ジョージに交代させられるなど晩年は不遇であった。

1704年に63歳で死去。独身で子が無かったため、爵位は全て消滅した。

参考文献[編集]

公職
先代:
ノッティンガム伯
北部担当国務大臣
1690年 - 1692年
次代:
ノッティンガム伯
先代:
空位
アイルランド総督
1692年 - 1693年
次代:
空位
名誉職
先代:
ジョン・ボーモント
五港長官
1691年 - 1702年
次代:
カンバーランド公
先代:
テイナム男爵
ケント州海軍中将
1689年 - 1702年
次代:
ウィンチルシー伯
先代:
ウィンチルシー伯
ケント州統監
ウェストモーランド伯と共同
(1692年 - 1693年)

1689年 - 1704年
ケント州治安判事
1689年 - 1704年
イングランドの爵位
先代:
新設
ロムニー伯
1694年 - 1704年
次代:
消滅