ヘンリー・サーティース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Henry Surtees (Parc Ferme).JPG

ヘンリー・サーティース(Henry Surtees, 1991年2月18日 - 2009年7月19日)は、イギリスイングランド出身のレーサー。父は2輪のWGPと4輪のF1世界選手権の両方で世界チャンピオンになったジョン・サーティース

経歴[編集]

略歴[編集]

1991年2月18日、サリー州・リングフィールドにて、長男として生まれる。父:ジョン・サーティースはヘンリーが生まれた当時57歳であった。ヘンリーは1999年、8歳の頃にレーシングカートを始める。カートのメンテナンスは父が行っていたという。[1]

フォーミュラBMW UK[編集]

2007年シーズン総合6位、ルーキーカップは2位で終える(この年のチャンピオンはマーカス・エリクソン)。1勝、ポールポジション1回、ファステストラップ2回を記録。

フォーミュラ・ルノー[編集]

2008年フォーミュラ・ルノー

2007年、フォーミュラ・ルノー 2.0 UKにて、カーリン・モータースポーツよりスポット参戦を果たした後に、2008年ではマノー・モータースポーツよりフル参戦。年間総合で12位。2008年のウィンターシリーズでは総合2位となった。

F3[編集]

2008年、イギリスF3の最終ラウンド、ドニントンにカーリン・モータースポーツよりスポット参戦。出走2レース、ナショナルクラスで1勝を挙げ、2つのレースで表彰台を獲得。

F2[編集]

ヘンリー・サーティースがドライブするJPH01

2009年、この年から始まったFIA F2選手権に参戦を開始。開幕戦バレンシアのレース1で7位に入賞し、第2戦のチェコブルノで行われたレース2ではポールポジションを獲得した。 第4戦ブランズハッチで行われたレース1では3位表彰台を得て、地元サーキットで活躍を見せた。しかし翌日の7月19日に行われたレース2において、クラッシュしたジャック・クラークのマシンから外れたタイヤが飛び跳ね、コースを走行していたヘンリーのヘルメットを直撃した。ヘンリーのマシンはその直後のコーナーを直進しクラッシュ。事故後すぐに空路で王立ロンドン病院へと搬送されたものの、タイヤの直撃が致命傷となっており死亡した。18歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] no race, no life lap13-"最速の遺伝子"/二世レーサーの運命-