ヘンリー・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘンリー・グレイ
Henry Gray bw photo portrait.jpg
生誕 1827年
ベルグレイヴィアロンドン
死没 1861年6月13日
ベルグレイヴィアロンドン
居住 イギリス
研究分野 解剖学
主な業績 グレイの解剖学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヘンリー・グレイ(Henry Gray, 1827年 - 1861年6月13日)は、イギリス解剖学者外科医グレイの解剖学の執筆で知られる。

略歴[編集]

1827年ロンドンベルグレイヴィアにて生まれ[1][2]、その生涯の大部分をロンドンで過ごした。1845年、グレイはロンドンのセント・ジョージ病院英語: St George's Hospitalに学生として所属する。(現在はトゥーティング英語: Tootingに存在するが、この頃はベルグラヴィアに存在した。)彼を知る人々によれば、グレイは誰よりも労を厭わない几帳面な研究者であり、また独力で時間のかかる有用な解剖技術を通じて解剖学を身につけた人物であった。

まだ学生である1848年、"The Origin, Connexions and Distribution of nerves to the human eye and its appendages, illustrated by comparative dissections of the eye in other vertebrate animals" という論文でイングランド王立外科医師会のtriennial prizeを受賞した。

1852年、25歳の時、王立協会のフェローに選出され[3]、翌年には“On the structure and Use of Spleen”という論文により、Astley Cooper賞を受賞した。

1858年、750ページで363の図を掲載した『人体の解剖学』(Anatomy of the Human Body:『グレイの解剖学 (Gray's Anatomy)』として知られる)初版を出版した。彼は製図者で、かつてセント・ジョージ病院にて解剖学のデモンストレーターを務めていた友人のヘンリー・カーター英語: Henry Vandyke Carterの助けを得る幸運を持っていた。この本の成功は第一にカーターが作成した優れたイラストによるものである。初版はベンジャミン・ブロディ英語: Sir Benjamin Collins Brodie, 1st Baronet準男爵に捧げられ、第二版は1860年に出版された。グレイの解剖学は現在も版を重ね、医学生の特別で権威ある教科書として広く評価されている。

彼はその後引き続き解剖学のデモンストレーター、博物館学芸員、セント・ジョージ病院講師のポストを歴任し、1861年、assistant surgeonの候補者となった。天然痘にかかっている甥の面倒を見ている際に、自身も天然痘に感染し、1861年6月13日にロンドンにて34歳で死亡[4]、ハイゲート墓地に埋葬された[5][3]

脚注[編集]

  1. ^ 1841 census for 8 Wilton Street, St Geo Han Sq: Henry Gray, age rounded to 15yrs (implies born 1826), medical student, whether born in this county = Yes (implies born Middlesex) - HO107/732 Bk.2 f.28 p.19
  2. ^ 1851 census: Henry Gray, house surgeon aged 24 (implies born 1827), of St Geo Han Sq, born St George's Hanover Square, London - HO107/1478 f.649 p.1
  3. ^ a b Gray; Henry (c 1827 - ? 1861)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  4. ^ . PMC: 2760169. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2760169/. 
  5. ^ GRO Register of Deaths: JUN qtr 1861 1a 174 St Geo Han Sq - Henry Gray
  • Some information was extracted from an article which appeared in the St. George's Hospital Gazette of 21 May 1908 and has been taken directly from Gray’s Anatomy-Thirty-seventh International Student Edition.
  • Pearce, J M S (Apr. 2009). “Henry Gray's Anatomy”. Clinical anatomy (United States) 22 (3): 291–5. doi:10.1002/ca.20775. PMID 19280653. 

外部リンク[編集]