ヘンリー・ガント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘンリー・ローレンス・ガント: Henry Laurence Gantt1861年 - 1919年11月23日)は、アメリカ合衆国機械工学者で経営コンサルタント1910年代ガントチャートを考案したことで知られている。ガントチャートはフーバーダム州間高速道路といった大型公共事業で使われ、現在でもプロジェクトマネジメントの重要なツールの1つとなっている[1]

経歴・人物[編集]

メリーランド州カルバート郡に生まれる。1878年、Mcdonough School を卒業。ジョンズ・ホプキンス大学に進学し、機械工学を学ぶ傍らで教師や製図工として働いた。1887年、フレデリック・テイラー科学的管理法のチーム(Midvale Steel およびベスレヘム・スチール)に入り、1893年まで働いた。その後、経営コンサルタントとなり、ガントチャートや "task and bonus" と呼ばれる賃金体系を設計、労働者の生産性の測定法を開発した。

貢献[編集]

ヘンリー・ガントの生産管理における貢献としては、次のものがある。

  • ガントチャート: 今日でも管理ツールとして重要である。作業スケジュールの計画や制御を視覚的に行え、プロジェクトの進捗を記録できる。ガントチャートをより進化させたものとして Program Evaluation and Review Technique (PERT) がある。
  • 産業能率(Industrial Efficiency): 作業をあらゆる観点で科学的に分析することで求められる。経営の役割は、偶然や事故を排除してシステムを効率化することである。
  • Task And Bonus システム: ガントは、従業員の効率改善の程度によってマネージャへのボーナスを支給するという制度を提案した。
  • ビジネスの社会的責任: ガントは、企業が社会福祉への義務を負っていると考えていた。

アメリカ機械工学会(ASME)は、ヘンリー・ガントの功績を讃え、彼の名を冠したメダルを毎年授与している[2]

脚注[編集]

  1. ^ Gantt chart history 2007年4月7日閲覧
  2. ^ ASME Henry Laurence Gantt Medal 2007年4月7日閲覧

関連項目[編集]