ヘンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘンリー
henry
Toroid electronic.jpg
トロイダルコイル
記号 H
国際単位系 (SI)
種類 組立単位
インダクタンス
組立 V/(A/s)
定義 1秒間に1 Aの割合で変化する直流の電流が流れるときに1 Vの起電力を生ずる閉回路のインダクタンス
語源 ジョセフ・ヘンリー
テンプレートを表示

ヘンリー(henry、記号:H)はインダクタンス単位である。国際単位系(SI)では組立単位となっている[1]。名称は、アメリカ合衆国の物理学者ジョセフ・ヘンリーから付けられた[2]。ヘンリーは、イギリスのマイケル・ファラデーとほぼ同時期に、それとは独立に電磁誘導を発見した。

定義[編集]

1ヘンリーは、「1間に1アンペアの割合で変化する直流電流が流れるときに1ボルト起電力を生ずる閉回路(コイルなど)のインダクタンス」(計量単位令による。括弧内は編者注)と定義される[3]。すなわち、

H = V/(A/s) = V・A-1・s

である。SI基本単位では

H = V・A-1・s = m2・kg・s-2・A-2

となる[4]。他のSI単位で組み立てると、以下のようになる。

ここで登場する単位は、Wb = ウェーバー、T = テスラ、J = ジュール、m = メートル、s = 、A = アンペア、V = ボルト、C = クーロン、F = ファラド、Hz = ヘルツ、Ω = オームである。

利用[編集]

ヘンリー (H) の倍量・分量単位
分量 倍量
記号 名称 記号 名称
10−1 H dH デシヘンリー 101 H daH デカヘンリー
10−2 H cH センチヘンリー 102 H hH ヘクトヘンリー
10−3 H mH ミリヘンリー 103 H kH キロヘンリー
10−6 H µH マイクロヘンリー 106 H MH メガヘンリー
10−9 H nH ナノヘンリー 109 H GH ギガヘンリー
10−12 H pH ピコヘンリー 1012 H TH テラヘンリー
10−15 H fH フェムトヘンリー 1015 H PH ペタヘンリー
10−18 H aH アトヘンリー 1018 H EH エクサヘンリー
10−21 H zH ゼプトヘンリー 1021 H ZH ゼタヘンリー
10−24 H yH ヨクトヘンリー 1024 H YH ヨタヘンリー
よく使われる単位を太字で示す

実用上は、1ヘンリーのコイルは非常に大きなサイズとなり、また巻線電気抵抗などの原因により、大きなインダクタンスで純粋にコイルとしての作用をするものは製作が困難である。そのため、さらに小さなミリヘンリー(mH)やマイクロヘンリー(µH)といった単位がよく用いられる。

インダクタンスLのコイルと容量Cのコンデンサで形成される共振回路の共振周波数はとなる。


組立単位[編集]

ヘンリー毎メートル
henry per metre
記号 H/m
国際単位系 (SI)
種類 組立単位
透磁率
テンプレートを表示

ヘンリー毎メートル(H/m)は透磁率の単位である。真空の透磁率は4π×10−7 H m−1と定義されている。

表記[編集]

国際単位系(SI)では、人名に由来する単位の単位記号の1文字名は大文字で書くことになっているため、ヘンリーの記号はHである。ただし、単位名称を英字で書く場合は、頭文字は小文字にしてhenryと書く。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)は、英語話者向けにhenryの複数形はhenriesと表記するよう推奨している[5]:31

出典[編集]

[ヘルプ]
国際単位系(SI)の電磁気の単位
名称 記号 次元 組立 物理量
アンペアSI基本単位 A I A 電流
クーロン C TI A·s 電荷(電気量)
ボルト V L2T−3MI−1 J/C = kg·m2·s−3·A−1 電圧電位
オーム Ω L2T−3MI−2 V/A = kg·m2·s−3·A−2 電気抵抗インピーダンスリアクタンス
オーム・メートル Ω·m L3T−3MI−2 kg·m3·s−3·A−2 電気抵抗率
ワット W L2T−3M V·A = kg·m2·s−3 電力放射束
ファラド F L−2T4M−1I2 C/V = kg−1·m−2·A2·s4 静電容量
ファラド毎メートル F/m L−3T4I2M−1 kg−1·m−3·A2·s4 誘電率
毎ファラド(ダラフ) F−1 L2T−4MI−2 kg1·m2·A−2·s−4 エラスタンス英語版
ボルト毎メートル V/m LT−3MI−1 kg·m·s−3·A−1 電場(電界)の強さ
クーロン毎平方メートル C/m2 L−2TI C/m2= m−2·A·s 電束密度
ジーメンス S L−2T3M−1I2 Ω−1 = kg−1·m−2·s3·A2 コンダクタンスアドミタンスサセプタンス
ジーメンス毎メートル S/m L−3T3M−1I2 kg−1·m−3·s3·A2 電気伝導率(電気伝導度・導電率)
ウェーバ Wb L2T−2MI−1 V·s = kg·m2·s−2·A−1 磁束
テスラ T T−2MI−1 Wb/m2 = kg·s−2·A−1 磁束密度
アンペア回数 A I A 起磁力
アンペア毎メートル A/m L−1I m−1·A 磁場(磁界)の強さ
アンペアウェーバ A/Wb L−2T2M−1I2 kg−1·m−2·s2·A2 磁気抵抗(リラクタンス、: reluctance
ヘンリー H L2T−2MI−2 Wb/A = V·s/A = kg·m2·s−2·A−2 インダクタンスパーミアンス
ヘンリー毎メートル H/m LT−2MI−2 kg·m·s−2·A−2 透磁率