ヘンドリック・ウィレム・ヴァン・ルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘンドリック・ウィレム ヴァン・ルーン(Hendrik Willem Van Loon 1882年1月14日 - 1944年3月11日)は、アメリカ合衆国のジャーナリスト[1]・作家。

オランダロッテルダム生まれ。21歳でアメリカへ移住して、コーネル大学を卒業する。はじめ「オランダ共和国の没落」(1913年)などオランダ史に関する著作をなすが、1921年、挿絵を自分で描いた「人類の物語」でニューベリー賞を受賞[1]、有名になる。そのほかに、「聖書の物語」「寛容」「アメリカ」など[2]。日本でも早くから訳され、「聖書」「人類の歴史」は広く読まれた。

「はるか北のスヴィショードと呼ばれる國に、ひとつの岩がある。その高さは100キロ、幅は100キロだ。10000年に一度小鳥がこの岩にやってきて、くちばしをとぐ。こうして徐々にすり減っていき、やがてその岩がなくなってしまったとき、永遠の1日が終わる。」という短文がある。

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 児童文学事典』日本児童文学学会、東京書籍、1988年、832頁。※「ローン」で掲載されている。
  2. ^ 20世紀西洋人名事典、『英米文学大辞典』