ヘンク・スプルイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘンドリク・ヴィレム・クリスティアーン・スプルイト(Hendrik Willem Christiaan Spruit, 1906年2月19日[1] - 1998年1月6日)は、オランダ指揮者ヴァイオリニスト[2]。しばしばヘンク・スプルイト(Henk Spruit)[3]と表記される。

ユトレヒトの生まれ。地元の音楽院でヘラルド・ヴェーアマンとヘンドリク・リーンベルゲンの下でヴァイオリンを学び、1922年にハルデルウェイク音楽監督となった。1933年にユトレヒト市立管弦楽団(後にユトレヒト交響楽団)のコンサートマスターとなり、翌年には母校であるユトレヒト音楽院のヴァイオリンとヴィオラを教え、音楽院のオーケストラ指揮にも当たった。1945年にスティヒト室内管弦楽団を結成し、ユトレヒト交響楽団の首席指揮者となった。 1948年にオランダ・ラジオ連合の指揮者となり、1960年には放送局内にユース・オーケストラを組織するなどしている。1971年に引退した。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ HMV