ヘレン・ワッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月

ヘレン・ジョセフィン・ワッツ(Helen Josephine Watts, 1927年12月7日 - 2009年10月7日)は、ウェールズ出身のコントラルト歌手[1][2][3]

ミルフォード・ヘブンの生まれ。心理療法士としての学位を取得した後、ロンドン王立音楽院でキャロライン・ハチャードに声楽を学び、BBC合唱団の一員として研鑽を積んだ。1953年から独唱者として活動し、1955年のプロムスに登場して名声を高めた。1958年にはキャムデン音楽祭でゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの《テオドラ》のデドモ役を歌ってオペラ・デビューを果たした。1964年にはザルツブルク音楽祭にリヒャルト・シュトラウスの《エレクトラ》に第一の侍女役で登場し、またイギリス・オペラ・グループのベンジャミン・ブリテンの《ルクレツィアの凌辱》のロシア公演にも参加した。翌年にはコヴェントガーデン王立歌劇場リヒャルト・ワーグナーの《ラインの黄金》の公演で第一のノルン役で出演し、1971年まで同役で登板した。1966年にはフレデリック・ディーリアスの《人生のミサ》を歌ってニューヨークでアメリカ・デビューを果たしている。1985年に引退。

1978年にはCBEを受勲している。

ペンブルックシャーにて没。

脚注[編集]

  1. ^ bach-cantatas.com
  2. ^ ヘレン・ワッツ - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  3. ^ John Steane (2009年10月23日). “Helen Watts obituary” (英語). gramophone. オリジナルの2012年5月23日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120523225317/http://www.gramophone.co.uk/classical-music-news/obituary-helen-watts-contralto 2017年8月31日閲覧。